つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

マツダ創立100周年社史「マツダ百年史エピソード編」が手元に届きました。

f:id:taku2_4885:20210210155307j:plain


マツダが創立100周年を迎えたタイミングで制作した社史「マツダ百年史エピソード編」

基本的にはマツダ社員や取引先、業界関係者を対象に贈呈された本ですが、マツダが実施したプレゼントキャンペーンで運よく当選したので貴重な本が手元に届きました。

 

マツダ百年史エピソード編が手元に届く事になったきっかけは、マツダが開催した「MAZDA ACADEMY CHALLENGEキャンペーン」

クイズに正解した人の中から抽選で50名に「マツダ百年史エピソード編」がプレゼントされる内容でしたが、運が良かったのか当選♪

 

2月頃を目途に発送との事だったので「そろそろ届くかも・・・」と思っていた所でした。

 

ヤマトさんの紙袋から中身を出すと封筒に入った社史とメッセージが。

f:id:taku2_4885:20210210155311j:plain

社史が入っている封筒は質感も高いうえにしっかりと100周年記念のロゴも入っています♪

f:id:taku2_4885:20210210155317j:plain

そして、封筒から今回のメインである社史を出してみた状態がこちら。

f:id:taku2_4885:20210210155322j:plain

 

せっかくなので(?)以前購入したマツダ100周年記念写真集「MAZDA ONE HUNDRED」と並べてみると・・・。

f:id:taku2_4885:20210210155327j:plain

かなりコンパクトで文庫本に近いサイズという感じでしょうか。

これならカバンに入れて出先で読む事も簡単に出来ますね(笑)

 

今回届いたこの本はいつもお世話になっているマツダブランドスペース大阪にも置いてあるので簡単に目は通していましたが、100年の歴史の中から特徴的なストーリーを100話ピックアップした内容となっています。

良い事だけでなく厳しい時代や出来事にも触れているのは社史ならではでしょうか。

 

マツダ100周年社史は今回届いたエピソード編に加えて、より詳細な歴史をまとめた「正史編」、歴代商品や企業データをまとめた「図鑑編」が発刊予定。

百年史制作チームを取り纏めているマツダ広報本部の温品貴幸さんによると「一般的な百年史は正史に資料集が付属という形式が多い」との事なので今回のようにエピソード編が発刊されるのはなかなか珍しい事例のようです。

これから発刊予定の「正史編」「図鑑編」もどのような内容になっているのか気になるところですね。

 

今回は運よく当選する事が出来ましたが、この社史は出来る限り多くの人が読めるようになると嬉しい気もします。

贈呈された本を置いてる店舗も一部あるようですが、図書館に置くというのもいいかもしれませんね(広島の図書館だと置かれたりするのでしょうか・・・?)

 

マツダさん、今回は貴重な社史をありがとうございました!

じっくりと読んでみたいと思います。