つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

マツダが2030年に生産する車両に占める電気自動車の比率を約25%に引き上げへ。

f:id:taku2_4885:20210128130249j:plain

(画像 MAZDA)

2021年3月期決算を発表したマツダですが、決算会見の場でEVに関する将来の計画について公表しています。

 

マツダは5月14日に2021年3月期決算を発表。

プレゼンテーション資料には新型車などに関する記載はほぼありませんでしたが、オンライン会見ではEVに関して気になる内容を公表しているようです。

 

今回取り上げるのは日経新聞の記事。

リンク先によると・・・・

・オンライン決算会見で丸本社長が2030年に生産する車両に占める電気自動車(EV)の比率を25%程度に引き上げる」と明らかにした。

・2018年に公表した計画では5%としていた。

EV専用プラットホーム(車台)の開発に本格的に着手する。

マツダは昨年11月に発表した2021年3月期・第2四半期決算で2022年以降にEV専用プラットフォーム開発へ着手する事をすでに公表済み。

2030年には全モデルにハイブリッドを含む電動デバイスを採用する事もすでに公表済みでしたが、今回の情報だと2030年に生産される車両の約25%(4分の1)がEVという事になります。

この内容は同日発表されたプレゼンテーション資料に記載しても良さそうに思いますが・・・(笑)

 

デミオEVやMX-30 EVモデルを販売するだけでなく、トヨタDENSOと共同で「EV C.A. Spirit」を立ち上げるなど本格的なEV開発への下地をコツコツと積み上げていましたが、いよいよその成果を発揮するタイミングが来た感じでしょうか・・・?

 

マツダの電動化戦略はEVだけでなく以前から注目度の高いラージ群やロータリーマルチxEVも含まれるので詳細が気になるところですが、CarWatchの記事によると「電動化戦略やカーボンニュートラル実現に向けての挑戦などについては、現在具体化を進捗させている途中段階で、適切な時期に改めて説明の機会を設ける」との事。

多くの注目が集まっているので出来る限り早い時期に説明会が行われる事を期待したいですね。