つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

CX-70

2023年最初のブログで今年想定されるマツダの動向を予想、ラージ商品群SUVや発電用ロータリーエンジン採用の「MX-30 R-EV」に加えて東京モーターショーも期待。

(画像 MAZDA) 新年明けましておめでとうございます! 2023年最初のブログは例年通り今年想定されるマツダの動向に関しておさらいと予想をしてみました。

ラージ商品群SUV「CX-90」のワールドプレミアは来年1月31日で直6エンジンは2つのスペックを設定か?「CX-70」は2023年秋に発売?

(画像 MAZDA USA) 2023年にラージ商品群SUVの導入がいよいよ始まる見込みの北米市場ですが、導入予定の「CX-70」「CX-90」に関して気になる情報が出てきました。

マツダが「CX-60と同じデザインのステアリング」に関する意匠登録を米国でも取得、CX-70/CX-90に採用が有力?

(画像 USPTO) 特許と並行してチェックしているマツダの意匠・商標情報ですが、CX-60と同じデザインのステアリングに関する意匠登録を米国でも取得している事が分かりました。

米国市場向けに発売予定のプラグインハイブリッドはCX-90のみという噂が浮上(2023年内に発売予定の話という可能性も?)

(画像 MAZDA USA) マツダにとって最も重要度の高いマーケットである米国ですが、米国向けに計画されているプラグインハイブリッドに関して気になる噂が出てきました。

CX-60オーストラリア仕様に搭載される直6ガソリンターボエンジンの排気量は「3.3リッター」との事、日本と欧州向けに追加される可能性は?

CX-60オーストラリア仕様に「直6ガソリンターボエンジン搭載モデル」も用意されることを前回のブログで取り上げましたが、さらに排気量や日本・欧州仕様に追加される可能性について触れてる記事が出てきました。

メキシコマツダが2023年春から夏の間に「CX-50」「CX-70」「CX-90」を発売予定と公表。

(画像 MAZDA) 生産工場もある事からマツダにとって重要度が高まっているメキシコですが、現地法人のメキシコマツダが新型車も含めた今後の経営戦略を発表しています。