つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

CX-3

ブルガリア向けのCX-3にM-ハイブリッド追加?

(画像 ドイツマツダ) 北米で販売終了が発表されたものの欧州では引き続き安定した人気を誇るCX-3ですが、M-ハイブリッドが採用されてるかもしれない?という情報が出てきました。

日本におけるMAZDA6・CX-3の販売は継続する計画との情報。

(画像 MAZDA) 米国マツダがMAZDA6とCX-3の販売終了を発表した事は大きな反響がありましたが、今回は日本における販売の情報が出てきています。

米国とカナダ以外の地域におけるMAZDA6・CX-3販売に関する情報。

(画像 MAZDA UK) 米国とカナダで発表されたMAZDA6とCX-3が販売終了という内容は大きな反響を呼んでいますが、その他の地域における販売はどうなるのか現時点で確認できる情報をまとめてみました。

北米マツダがMAZDA6とCX-3の販売終了を正式発表、今後に関する情報や噂もおさらい。

(画像 MAZDA) 北米マツダ(米国・カナダ)が「MAZDA6とCX-3の生産終了」を発表。 かなり大きなインパクトがある内容なので詳しく取り上げます。

ベトナムマツダがCX-3とCX-30発売を正式発表、CX-30にはベトナム仕様独自のエアロも装備。

(画像 MAZDA) 先日、ベトナムでCX-3とCX-30がまもなく導入されるという情報を取り上げましたが、ベトナムマツダが両モデル発売を正式発表しました。

CX-3とCX-30が4月末から5月上旬にベトナムで発売開始されるとの情報。

(画像 MAZDA) マツダのコンパクトSUVであるCX-3とCX-30。 この2つのモデルがベトナム市場にもまもなく導入されるという情報が出てきました。

インドネシアマツダがCX-3 2021年モデルを発表、SKYACTIV-G 1.5搭載モデルを新設定。

(画像 インドネシアマツダ) 事前情報の通り、インドネシアマツダが3月29日にCX-3 2021年モデルを発表しました。

インドネシアマツダが3月29日に新たな発表を行う予定、CX-3 SKYACTIV-G 1.5搭載モデルが有力?

(画像 インドネシアマツダ) インドネシアマツダが3月29日(現地時間)に新たな発表を行う事を予告開始しています。

米国道路安全保険協会(IIHS)の安全性評価でテストを実施した全てのマツダ車が最高評価「2021 TOP SAFETY PICK+」を獲得。

(画像 MAZDA UK) 毎年安全性評価を実施している米国道路安全保険協会(IIHS)が2021年の評価結果を発表、テストを実施した全てのマツダ車が最高評価である「2021 TOP SAFETY PICK+」を獲得しています。

CX-3 SKYACTIV-G1.5搭載モデルがインドネシアにも導入される可能性が浮上。

(画像 MAZDA) 日本向けのCX-3に昨年追加されたSKYACTIV-G 1.5搭載モデル。 このモデルが選べるのはこれまで日本のみでしたが、インドネシアにも導入される可能性が浮上してきました。 (TOP画像は日本のSKYACTIV-G 1.5搭載モデル特別仕様車"Urban Dresser")

マツダSUVモデルの車名は今後どうなるか想像してみた。

2022年から導入開始が有力視されているマツダの次世代ラージ群。 (画像 MAZDA UK) このモデル群の車名に関して触れている記事が出てきたので個人的にも考えてみたいと思います。

CX-30などマツダの7車種が米国道路安全保険協会(IIHS)の安全性評価で最高評価「2020 TOP SAFETY PICK+」を獲得。

米国道路安全保険協会(IIHS)が毎年実施している安全性評価。 (画像 MAZDA USA) 2020年の評価結果が発表され、CX-30を中心とする7車種のマツダ車が最高評価となる「TOP SAFETY PICK+」を獲得しました。

CX-3 SKYACTIV-G 1.5搭載モデルの特別仕様車「Urban Dresser」が正式発表されました。

以前から登場と噂されていたCX-3の特別仕様車。 (画像 MAZDA) 本日、マツダが特別仕様車「Urban Dresser(アーバン ドレッサー)」を正式発表しました。

欧州向けCX-3 2021年モデルに白と茶色を組みあわせた内装の特別仕様車が登場。

欧州で秋~年末にかけて発売開始とアナウンスされていたCX-3 2021年モデル。 (画像 ドイツマツダ) 本日一部地域で発売開始されたのと同時に気になる特別仕様車も同時発表されました。

新たなCX-3特別仕様車の名称はやはり「Urban Dresser」? 装備や価格に関する噂も。

少し前から噂が出てきているCX-3の特別仕様車。 (画像 NetCarShow.com) 今回かなり詳細な内容の噂が出てきました。

CX-3 SKYACTIV-G 1.5搭載モデルに新グレード設定という噂、MRCCや白系の内装が装備される?

今年春にSKYACTIV-G 1.5搭載モデルが新たに設定されたCX-3日本仕様。 (画像 NetCarShow.com) このモデルに新たなグレードが設定されるという噂が出てきました。

メキシコマツダが100周年特別記念車を正式発表、5車種で合計430台限定。

米国やカナダに続いてメキシコマツダも100周年特別記念車を正式発表しました。 (画像 メキシコマツダ) 一部気になる部分もあるのでチェックしたいと思います。

過去12か月の間にポーランドで最も売れたマツダ車はCX-3、2番目はCX-30。

マツダにとって重要なマーケットの一つである欧州。 (画像 ドイツマツダ) その中でポーランドにおけるマツダ車の販売状況に関する記事がありました。

ドイツマツダがCX-3 2021年モデルを発表、ポリメタルグレーとワイヤレスApple CarPlay採用

北米で続々と発表されているマツダの2021年モデル。 (画像 ドイツマツダ) 続いて欧州・ドイツでもCX-3の2021年モデルが発表されました。

メキシコマツダがMAZDA3とCX-3 2021年モデルの情報を公開。

これまでにMAZDA2とCX-30の2021年モデルの情報を公開したメキシコマツダ。 (画像 NetCarShow.com) 続いてMAZDA3とCX-3の2021年モデルの情報を公開しました。

米国とカナダでCX-3 2021年モデルが発表、ポリメタルグレーメタリック追加はカナダのみの模様。

日本と欧州では搭載エンジンの追加・刷新が行われたCX-3。 (画像 カナダマツダ) 米国とカナダでも2021年モデルが発表されました。

メキシコマツダCEOが2021年モデルの発表・発売予定時期を車種別に明言。

北米向けのMAZDA3ターボモデルから順次発表されているマツダの2021年モデル。 (画像 メキシコマツダ) 多くの人が気になる2021年モデルの発表時期に関してメキシコマツダCEOが明言していました。

南米・コロンビアでCX-3の販売が一時停止との情報、CX-30の販売へ焦点を当てるとの記述も。

日本ではつい最近SKYACTIV-G 1.5搭載モデルが追加されたCX-3 (画像 NetCarShow.com) 対して南米・コロンビアでは販売が一時停止するという情報がありました。

ニュージーランドもマツダ100周年特別記念車を発表、CX-9のマツコネ用モニターがさらに大型化。

続々と販売内容に関する詳細が発表されているマツダ100周年特別記念車。 (画像 MAZDA) ニュージーランドでも公開されたのですが注目すべき点があるので取り上げます。

オーストラリアマツダがマツダ100周年特別記念車のカタログを公開。

オーストラリアマツダがマツダ100周年特別記念車のカタログを公開していました。 気になる部分も含めて取り上げたいと思います。

マレーシアマツダが独自に企画したCX-3の100周年特別記念車を発表(追記あり)

マツダ創立100周年を記念した様々な取り組みが行われている最中ですが・・・。 (画像 マレーシアマツダ) マレーシアマツダが独自に企画したCX-3の創立記念特別仕様車を発表しました。

マツダ100周年特別記念車のカンタン見積りが全車種可能になりました。

日本国内では段階的に販売開始予定のマツダ100周年特別記念車。 (画像 MAZDA) マツダ公式HPの「カンタン見積もり」では一足早く対象全車種の見積もりが可能になっていました。

ドイツマツダが独自に企画したマツダ創立100周年特別仕様車「Edition100」を発表。

グローバルで販売されるマツダ100周年特別記念車は白と赤の組み合わせですが・・・。 (画像 ドイツマツダ) ドイツではこれに加えて独自に企画された特別記念車も発表されました。

CX-3 SKYACTIV-G 1.5搭載モデルに試乗してきました。

5月に発表された商品改良でSKYACTIV-G 1.5搭載モデルが新たに加わったCX-3。 今回、ご厚意で試乗させていただける機会が出来たので感想などをまとめてみました。

マツダ100周年特別記念車の実車画像と動画が公開、ちょっとした豆知識も・・・。

一部車種から発売が始まったマツダ100周年特別記念車。 (画像 MAZDA) 今回、実車の画像と動画が公開されたと同時にちょっとした豆知識も届いたので取り上げます。