つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

MX-30

発電用ロータリーエンジンを搭載したPHEV「MX-30 R-EV」の排気口の位置。

(画像 ドイツマツダ) 今月13日に欧州で正式発表されてから多くの注目を集めている発電用ロータリーエンジンを搭載したPHEV「MX-30 R-EV」ですが、今回は排気口の位置が判明したので紹介したいと思います。

欧州マツダ副社長が海外メディアのインタビューで「MX-30 R-EV」に搭載されたロータリーエンジンの開発について証言。

(画像 ドイツマツダ) 1月13日にワールドプレミアされてから続々と情報が出てきている発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」ですが、今回は欧州マツダ副社長が海外メディアのインタビューに答えているので紹介したいと思います。

欧州で「MX-30 R-EV」のコンフィギュレーターとWEBカタログを公開した国が出てきました。

(画像 ドイツマツダ) 1月13日に欧州で正式発表されてから大きな話題となっている発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」ですが、欧州の一部地域では早速WEBカタログとコンフィギュレーターが公開されています。

MX-30 R-EVの開発担当者が海外メディアのインタビューでロータリーエンジンの改良ポイントや今後の展開について証言。

(画像 ドイツマツダ) 1月13日に正式発表されてからかなり大きな反響を呼んでいる「MX-30 R-EV」ですが、海外メディアが早速マツダの開発担当者へインタビューを行っています。

マツダが発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」を正式発表したので内容を詳しくチェック!(追記あり)

(画像 ドイツマツダ) 2023年1月13日、マツダが発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」を欧州で正式発表。 RX-8以来のロータリーエンジン搭載車となるこのモデルの内容を詳しくチェックしていきます。

北米マツダが「MX-30 EV 2023年モデル」を米国とカナダで正式発表、さらに公式YouTubeとSNSでは真田広之さん出演の動画で1月12日に新たな発表を行う事を予告。

(画像 カナダマツダ) すでに欧州や日本で2022年モデル(2022年商品改良モデル)が発表されている「MX-30」ですが、北米マツダが"2023年モデル"として正式発表。 さらに公式YouTubeでは1月12日に新たな発表がある事を予告開始しています。

オーストリアマツダは発電用ロータリーエンジン採用のPHEV「MX-30 R-EV」を今年5月に発売予定と予告。

(画像 MAZDA UK) 昨夜欧州でティザー予告が解禁された発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」 欧州各国では今年春から発売開始と案内していますが、その中でオーストリアだけは具体的な発売月を予告しています。

欧州マツダが発電用ロータリーエンジンを採用したPHEV「MX-30 R-EV」をブリュッセルモーターショーで披露する事を正式発表、これまで公開されたエンジンの情報や特許をおさらい。

(画像 MAZDA UK) 今年度中に正式発表される可能性が高まっていた発電用ロータリーエンジンですが、ついに欧州マツダから1月13日に披露する事が発表されました!

関西マツダがオリジナルカスタマイズ中古車のラインアップに「CX-30」と「MX-30」を追加。

(画像 関西マツダ) ちょうど一年前に関西マツダさんがオリジナルカスタマイズを施したCX-5/CX-8の中古車を販売している事を取り上げましたが、このラインアップに「CX-30」「MX-30」も追加されていました。

ブリュッセルモーターショー2023のイベント情報が公開、発電用ロータリーエンジンを搭載した「MX-30 R-EV」発表に関する情報は?

(画像 J-PlatPat) 先月中旬頃に発電用ロータリーエンジンを搭載した「MX-30 R-EV」が年明けに開催されるブリュッセルモーターショーで正式発表される可能性が浮上しましたが、ブリュッセルモーターショーのイベント情報が公開されました。

2トーンルーフ仕様を選べるマツダ車が今後さらに増えるかもしれない?

(画像 MAZDA) 現行のマツダ車の一部モデルで2トーンルーフやボディ塗り分け仕様が用意されていますが、その中で2トーンルーフを選べるマツダ車が今後増える可能性に触れている記事が出てきました。

発電用ロータリーエンジンを搭載した「MX-30 R-EV」は2023年1月に開催されるブリュッセルモーターショーで正式発表?

(画像 MAZDA) ラージ商品群と並んで2022年注目のマツダ車である発電用ロータリーエンジンを搭載した「MX-30 R-EV」ですが、2023年1月に正式発表されるという話が出てきました。

コロンビアマツダが「MX-30 EVモデル」導入を正式発表、ジルコンサンドメタリックや日本仕様に無い内装「URBAN EXPRESSION」を採用。

(画像 コロンビアマツダ) 日本や欧州で商品改良モデル(2022年モデル)が発表されているMX-30ですが、以前から導入の噂が出ていたコロンビアでもEVモデル導入が正式発表されました。

マツダが「MX-30 2022年商品改良モデル」を正式発表したので変更点を詳しくチェック。

(画像 MAZDA) 夏に注文受付が一旦終了していたMX-30ですが、本日マツダから商品改良が正式発表されました。

10月27~30日に高島屋新宿店で「MX-30 SeDV」と「CX-60」の実車展示が開催されます。

(画像 MAZDA) 年末に向けてマツダの関連イベントが複数予定されていますが、東京ではさらに「MX-30 SeDV」と「CX-60」の実車展示も予定されてるようです。

マツダが「INDUSTRIAL CLASSIC」「MODERN CONFIDENCE」「MAZDA SPIRIT RACING(商標区分:加工食品)」の商標を新たに出願。

(画像 知財Watch) 特許と並行してチェックしているマツダの意匠・商標情報。 本日9月30日、マツダが新たに4件の商標を出願している事が明らかになりました。

マツダが「国際福祉機器展 H.C.R.2022」にロードスターとMX-30の"Self-empowerment Driving Vehicle"を出品する事を発表。

(画像 MAZDA) 以前から福祉車両にも力を入れているマツダですが、10月に開催される「国際福祉機器展 H.C.R.2022」に2台の手動運転装置付車を出品する事を発表しました。

ボディカラーがジルコンサンドメタリックなMX-30 2022年モデルのより分かりやすい実車画像。

(画像 ドイツマツダ) 欧州とマレーシアで一足先に正式発表された「MX-30 2022年モデル」はボディカラーラインアップにジルコンサンドメタリックが追加されたのが大きなトピックですが、この色のより詳しい実車画像が出てきました。

マツダが発電用ロータリーエンジンに関係すると思われる商標3つをオーストラリアでも出願。

(画像 商標Watch) 早ければ今年秋にも発表される可能性が出てきている発電用ロータリーエンジンを搭載したMX-30ですが、このモデルに関係すると思われる商標が日本に続いてオーストラリアでも出願された事が分かりました。

ボディカラーがジルコンサンドメタリックなMX-30 2022年モデルの実車画像。

(画像 ドイツマツダ) 欧州とマレーシアで正式発表されている「MX-30 2022年モデル」ですが、このモデルから導入されたジルコンサンドメタリックの実車画像が出てきました。

欧州向けMX-30 2022年モデルの実車画像、新しい内装「URBAN EXPRESSION」なども紹介。

(画像 ドイツマツダ) 欧州で今年春に正式発表された「MX-30 2022年モデル」ですが、ようやく実車画像が出てきました。

欧州マツダの関係者がMX-30 e-SKYACTIV REVの"REV"は「ROTARY ELECTRIC VEHICLE」の意味と証言。

(画像 商標Watch) 今年度後半に発表される可能性が有力視されている発電用ロータリーエンジンを採用した「MX-30 REV」ですが、欧州マツダの関係者が"REV"の意味について証言しています。

マツダが公式HPで「MX-30 マイルドハイブリッドモデル」の注文受付を一旦終了した案内を掲載、EVモデルと合わせて商品改良が有力?

(画像 MAZDA) 6月頃から商品改良を思わせる動きが連続している国内向けのマツダ車ですが、MX-30のマイルドハイブリッドモデルも注文受付を一旦終了しているようです。

2022年末までにMX-30 EVモデルがコロンビアにも導入されるとの情報。

(画像 ドイツマツダ) 2020年に発売開始されてから着々と導入地域が増えているMX-30ですが、南米のコロンビアにも導入される可能性が出てきました。

今週新たに公開されたマツダが出願中の特許(2022.7.30)

(画像 IP Force.jp) ここ数週間新たな内容が出てきてなかったマツダが出願中の特許ですが、今週は11件公開されたのでその中から気になった内容を取り上げます。

スロバキアマツダが2023年春頃までの商品導入スケジュールを公開、発電用ロータリーエンジンを採用した「MX-30 REV」は10月に発表?

(画像 商標Watch) 日本では一部のモデルで商品改良を思わせる動きが出始めているマツダですが、欧州ではスロバキアマツダが今後の商品導入スケジュールを公開しています。

ここ最近出てきた2022年後半のマツダ車商品改良に関する情報や噂を一旦まとめてみました。

(画像 MAZDA) 5月末頃から複数のマツダ車で商品改良を思わせる動きが出てきていますが、これまでブログで取り上げた関連情報や噂を一旦まとめてみました。

マツダが公式HPで「MX-30 EVモデル」の注文受付を一旦終了した案内を掲載、欧州に続いて商品改良の可能性?

(画像 MAZDA) 欧州で2022年モデルが正式発表されているMX-30ですが、日本のマツダ公式HPでもEVモデルの注文受付が一旦終了しているお知らせが掲載されました。

欧州マツダが「CX-60欧州仕様 e-SKYACTIV-D 3.3搭載モデル」のスペックを公開、「MX-30 ロータリーマルチxEV」と「CX-80」の発売予定時期も発表。

(画像 ドイツマツダ) CX-60日本仕様で一足先にスペック等の詳細が発表されていた直6ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 3.3」ですが、欧州マツダも詳細なスペック等を正式発表しました。

マレーシアマツダが「MX-30 EVモデル」と「CX-8 2022年モデル」の導入を発表、MX-30は欧州仕様に続いてジルコンサンドメタリックを設定。

(画像 マレーシアマツダ) マツダにとって重要度が高まっている東南アジア市場ですが、マレーシアマツダが「MX-30 EVモデル」と「CX-8 2022年モデル」の導入を正式発表しています。