つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

MX-30

北米向けMX-30 EVモデルのプロトタイプと思われる車両が米国で再び目撃されました。

(画像 NetCarShow.com) 2021年秋に米国とカナダと一部地域で発売開始予定のMX-30 EVモデル。 今年の春頃に続いて米国でプロトタイプと思われる車両がつい最近目撃されています。

米国マツダ担当者が「MX-30 ロータリーマルチxEVの発売時期に遅れは無い事を確認している」と証言。

(画像 MAZDA) ここ最近、発売や開発に関して様々な憶測が出ているロータリーエンジンを使ったマルチxEVですが、米国マツダの担当者が発売時期の遅れなどは無いと証言しています。

2022年登場予定のMX-30 マルチxEVは「”ロータリーとモーターで駆動する”プラグインハイブリッド」になる? レンジエクステンダーは取りやめという報道も。

(画像 MAZDA) 2022年に導入予定とされているMX-30 ロータリーマルチxEVモデル。 ロータリーエンジン復活という点から大きな注目が集まっていますが、気になる情報が出てきました。

英国の自動車専門誌がMX-30を「Best Electric Compact SUV」に選出。

(画像 MAZDA UK) 英国でも販売が本格始動しているMX-30ですが、現地の自動車専門誌が「Best Electric Compact SUV」に選出しています。

ドイツの消防団に配備されたMX-30 EVモデル。

(画像 S&R Automobile) 着実に販売地域を広げているMX-30ですが、ドイツでは日常生活の安全のために活用される車両も誕生しています。

MX-30のロータリーマルチxEV仕様は「2021年後半に発表される」との情報。

(画像 MAZDA) ロータリーエンジン復活への第一歩として注目が集まっているMX-30のロータリーマルチxEV仕様ですが、気になる発表時期に関して気になる情報がありました。

オーストラリアマツダがMX-30 EVモデルの予約受付を公式HPで開始、初回は100台限定。

(画像 オーストラリアマツダ) 4月にMX-30 マイルドハイブリッド仕様の詳細を発表したオーストラリアマツダですが、これに続いてEVモデルの詳細を発表すると同時に予約受付も開始しました。

MX-30がポーランドで「Women's Car of the Year 2020」に選出されました。

(画像 MAZDA UK) ここ最近、MX-5(ロードスター)が賞レースで選出された情報を取り上げていますが、今回はもう一つ”MX”の称号を持つMX-30に関する嬉しい知らせが届きました。

米国とカナダでMX-30 EVモデル導入が正式発表、ロータリーマルチxEVモデルも2022年に導入予定。

(画像 MAZDA USA) SNSを通じて導入予告されていた北米向けのMX-30 EVモデルが米国とカナダで正式発表されました。 公開された情報はまだ一部ですが出来る限り詳しく取り上げたいと思います。

米国マツダが公式SNSにMX-30 EVモデル導入が近い事を予告する動画を投稿。

(画像 MAZDA) 欧州を皮切りに順次導入地域を広げているMX-30 EVモデル。 この流れに乗って米国マツダも導入が近づいている事を予感させる動きを見せています。

オランダではMX-30のロータリーレンジエクステンダー仕様が”2022年4月”に登場予定?

(画像 MAZDA) 2022年前半から順次導入予定と噂されているMX-30のロータリーマルチxEV仕様ですが、オランダではより具体的な導入時期に関する噂が出ています。

MAZDA3とCX-30の”ピュアEV・マルチxEV仕様”が出る可能性について取材している記事。

(画像 MAZDA) マイルドハイブリッドとピュアEVに加えて、ロータリーエンジンを採用したマルチxEVもデビュー予定のMX-30ですが、同じスモール群に属するMAZDA3・CX-30にピュアEVとマルチxEV仕様が出る可能性について取材している記事が出てきました。

オーストラリアマツダがMX-30 マイルドハイブリッド仕様の詳細を発表しました。

(画像 オーストラリアマツダ) 昨年末にMX-30導入を正式発表したオーストラリアマツダが一足先にマイルドハイブリッド(M-ハイブリッド)仕様の詳細を発表しています。

MX-30が「ワールドカーデザインオブザイヤーTOP3」に選出されました!

(画像 NetCarShow.com) MX-30が2つの部門にノミネートされていた「2021 ワールドカーオブザイヤー」 各部門のTOP3選出の結果、MX-30がワールドカーデザインオブザイヤーのTOP3に選出されました。

マツダが出展している「マドリードデザインフェスティバル」の様子。

(画像 MadridDesignFestival) 昨年に引き続いてスペインマツダが出展しているマドリードデザインフェスティバルの会場の様子が公開されています。

ロータリーエンジンを採用するMX-30 マルチxEV仕様の生産開始時期に関する情報。

(画像 MAZDA) MX-30の更なるバリエーションとして注目されている発電用ロータリーエンジンを採用するマルチxEV仕様ですが、気になる生産開始時期に関する情報が出てきました。

MX-30 EVモデルの実車が米国のミーティング会場とカナダの公道上で目撃されました。

(画像 NetCarShow.com) 欧州と日本で発売開始されたMX-30 EVモデルですが、米国の自動車ミーティングとカナダの公道でも実車が目撃されています。

MX-30がオーストリアの自動車賞「Marcus 2021」でSUV/クロスオーバー部門TOPに選出。

(画像 ÖAMTC/Erich Reismann) オーストリア自動車クラブ(ÖAMTC)が発表している自動車賞「Marcus」の2021年版が発表され、MX-30がSUV/クロスオーバー部門TOPに選出されています。

イタリアマツダがレストアされたコンセプトカー”MX-81”に関する短編ドキュメンタリー「LA FORMA DEL TEMPO」を公開、MX-30との共演も実現。

(画像 イタリアマツダ) イタリアマツダが1981年に発表されたコンセプトカー「MX-81」に関するドキュメンタリーを公開。 豪華な出演陣に加えて、MX-81がレストアされてMX-30との共演も実現しています。

インドネシアマツダがCX-5とCX-9の2021年モデルを発表、MX-30 EVモデル導入の可能性に関する情報も。

インドネシアでCX-5とCX-9の2021年モデルが発表されました。 合わせてMX-30 EVモデル導入の可能性についても情報が出てきています。

MX-30 マルチxEV仕様に採用されるロータリーエンジンは発電だけで無く駆動も担う形になる?

(画像 MAZDA) 来年登場予定とされているMX-30のマルチxEVモデル。 このモデルに搭載されるロータリーエンジンはこれまで発電用と言われてきましたが、駆動も担う形になるという情報が出てきました。

MX-30が「2021 ワールドカーオブザイヤー」2部門にノミネート、開発主査の竹内都美子さんも「ワールドカーパーソンオブザイヤーTOP5」に選出。

(画像 MAZDA UK) 毎年発表される「ワールドカーオブザイヤー2021」の各部門におけるノミネート車が発表。 MX-30が2部門にノミネート、開発主査の竹内都美子さんも「ワールドカーパーソンオブザイヤーTOP5」に選出されています。

マツダがスペインで開催される「マドリードデザインフェスティバル」に2年連続出展へ。

(画像 スペインマツダ) スペインの首都マドリードで毎年開催されている「マドリードデザインフェスティバル」にマツダが2年連続で出展する事が発表されました。

カナダでMX-30 EVモデルのプロトタイプ車両が目撃されました。

(画像 MAZDA UK) 欧州に続いて日本でも販売開始されたMX-30 EVモデルですが、北米・カナダでも実車が目撃されています。

マツダがMX-30 EVモデルの「1dayモニター試乗体感イベント」を実施へ、2月24日から申し込みスタート予定。

(画像 MAZDA) MX-30 EVモデルの国内正式発表の場で実施予定と公表されていた1dayモニター試乗ですが、マツダ公式HP上に専用ページが開設されました。

ロータリーエンジン採用のMX-30 マルチxEV仕様は1月から日本でテストを開始、詳細はまもなく発表される予定との噂。

(画像 MAZDA) ”まずは”発電用としてロータリーエンジンが復活する点から大きな注目が集まっているMX-30 マルチxEV仕様。 2022年から導入予定となっていますが、プロトタイプに関して気になる情報が出てきました。

MX-30のDピラーガーニッシュ単体の価格や部品番号に関する情報。

(画像 MAZDA) 先月から日本でもEVモデルが発売開始されたMX-30ですが、エクステリアの大きなポイントの一つである「Dピラーガーニッシュ」に関してちょっとした情報がWEB上にあったので取り上げます。

日本向けMX-30 EVモデル公式動画の走行シーンは秋吉台で撮影されていました。

(画像 MAZDA) 日本向けMX-30 EVモデルの発売に合わせてマツダがいくつか公式動画を公開していますが、その中の走行シーンは秋吉台で撮影された事が分かりました。

MX-30 EVモデルで予定されてる福祉車両はフリースタイルドアの後席側が自動になる模様。

昨日、日本でも発売開始されたMX-30 EVモデル。 (画像 NetCarShow.com) 発売開始に合わせて解禁された様々な関連情報の中で、今後予定されてる福祉車両に関してなかなか興味深い内容がありました。

日本向けMX-30 EVモデルが発売開始、年間500台の販売計画で航続距離は256km(WLTC)

欧州で先行発売されていたMX-30 EVモデルがついに日本でも正式発表されました! (画像 MAZDA) 出来る限り詳しくチェックしていきたいと思います。