つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

CX-30

オーストラリアマツダがCX-30 2022年モデルの情報を公開、プラチナクォーツメタリック設定に加えて新グレード「SP」にはバーガンディレッド内装を採用。

(画像 オーストラリアマツダ) すでに現地メディアを通じて2022年モデルに関する一部情報が出ていたオーストラリア向けのMAZDA3/CX-30ですが、オーストラリアマツダが一足先にCX-30 2022年モデルの情報を公開しています。

フィリピンマツダがMAZDA3/CX-30の2022年モデルを発表、プラチナクォーツメタリックに加えてM-ハイブリッド仕様も新設定。

(画像 フィリピンマツダ) ギリシャとフランスで一部情報が公開されたMAZDA3/CX-30の2022年モデル(2021年商品改良モデル)ですが、続いてフィリピンでも情報が公開されています。

マツダ公式HPで「特別仕様車"Black Tone Edition"シリーズにまもなく2車種追加」と予告開始、事前情報通りMAZDA3とCX-30が有力?

(画像 MAZDA) 昨年12月、4車種に設定された特別仕様車「Black Tone Edition」 発売後に高い人気を集めているこのシリーズへ新たに2車種追加される事がマツダ公式HPで予告開始されています。

フランスマツダがMAZDA3とCX-30の2022年モデルを正式発表、MAZDA3に採用された新しいテールランプの画像も公開。

(画像 フランスマツダ) 日本でもすでに商品改良が予告されているMAZDA3・CX-30ですが、欧州ではギリシャに続いてフランスでも2022年モデルに関する内容が発表されました。

2021年後半に予定されているマツダの商品改良に関する情報や噂を一旦整理、MAZDA2のマツダコネクト用ディスプレイが8インチに変わる可能性の続報も。

(画像 MAZDA) すでにマツダ公式HPでも5車種の商品改良が予告開始されていますが、これまでブログで取り上げたりコメント欄へ寄せられた改良内容の情報や噂をここで一旦整理したいと思います。

長安マツダが「CX-30 EV」を発売開始、3つのグレード設定で価格はおおよそ16万元から。

(画像 長安マツダ) 9月26日から発売開始と伝えられていた中国市場専用モデル「CX-30 EV」ですが、情報通り本日から発売が開始されました。

ギリシャでMAZDA3とCX-30の2022年モデルに関する情報が公開、MAZDA3はディミングターンシグナルと新デザインのテールランプ採用と記載。

(画像 CARANDDRIVER GREECE) 日本ではすでに商品改良モデルが予告されているMAZDA3/CX-30ですが、オーストラリアに続いて欧州・ギリシャでも2022年モデルの情報が公開されました。

中国市場専用モデル「CX-30 EV」は9月26日に発売開始されるとの情報、ボンネット内部の"モータールーム"の画像も。

(画像 長安マツダ) 試乗インプレッション動画が解禁されたのに加えて販売店に実車も届き始めている中国市場専用モデル「CX-30 EV」 ついに9月26日に発売開始されるという情報が現地で報じられています。

ロシア向けのCX-30が半導体不足の影響で販売中止になるとの情報、2022年に販売再開する可能性も残されてる模様。

(画像 NetCarShow.com) マツダに限らず多くの自動車メーカーで半導体不足による影響が出ていますが、ロシア向けのCX-30がこの影響で販売中止になるという情報が出てきました。

中国市場専用モデル「CX-30 EVモデル」の試乗インプレッション動画や記事が出てきました。

(画像 k.cina.com) 中国市場専用モデルとして今年春に公開され、いよいよ販売が本格化するCX-30 EVモデル。 現地では試乗インプレッション動画が公開され、実車が届いてる販売店も出てきました。

マツダ公式HPでも「CX-3」「CX-30」「CX-5」「MAZDA3」「ロードスター」の現行モデル販売終了と新モデル(商品改良モデル)発表予定を予告開始。

(画像 MAZDA) 夏ごろから複数のマツダ車で商品改良の噂や情報が出始めていましたが、ついにマツダ公式HPでも現行モデルの販売終了と商品改良モデルの発表を予定している事を予告開始しました。

米国で販売されるマツダのSUV(CX系)は全て「2022年モデルからi-Activ AWDを標準装備」へ。

(画像 MAZDA USA) 昨日CX-5 2022年モデルの先行情報を解禁した米国マツダですが、他のSUVモデル(CX系)も含めた新たな方針を同時に発表しています。

国内マツダ販売店が「CX-5」「MAZDA3」「CX-30」の商品改良を公式HPで予告開始。

(画像 MAZDA) 9月に入ってから商品改良に関する情報や噂が続々と出てきていますが、国内のマツダ販売店が公式HPで「CX-5」「MAZDA3」「CX-30」の商品改良を予告開始しました。

2021年後半にかけて登場と言われているCX-30 商品改良モデルのSKYACTIV-X搭載車に関する噂。

(画像 MAZDA UK) 2021年後半にかけて今年2度目の商品改良が登場すると噂されているCX-30ですが、今回はその中でSKYACTIV-X搭載モデルを中心とする噂を取り上げます。

マツダは制御プログラム最新化サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE」の対象車種を増やす方針との事。

(画像 MAZDA) MAZDA3/CX-30のSKYACTIV-Xに加えてSKYACTIV-D 1.8も対象に加わった制御プログラム最新化サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE」 多くの反響が出ているこのサービスですが、マツダは対象車種を増やす方針であるという情報が出てきました。

オーストラリア向けMAZDA3・CX-30の2022年モデルに関する情報、新設定グレードは日本で噂が出ている「Black Tone Edition」と同じ仕様?

(画像 DRIVE) 日本でも今年後半にかけて商品改良の噂が浮上しているMAZDA3/CX-30ですが、オーストラリアでは新しいモデルイヤーとなる”2022年モデル”の詳細情報が出てきています。

現行MAZDA3・CX-30初期型のSKYACTIV-D 1.8を対象にした制御プログラム最新化サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE ”D1.1”」が正式発表されました。

(画像 MAZDA) 数日前に国内販売店で予告されていた現行MAZDA3/CX-30初期型のSKYACTIV-D 1.8搭載モデルを対象にした制御プログラム最新化サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE D1.1」 本日マツダから正式発表されました。

CX-30とMAZDA3にも特別仕様車「Black Tone Edition」が追加されるとの噂が浮上。

(画像 MAZDA) ここ最近様々な噂や情報が出始めているマツダの2021年後半に向けた商品改良(2022年モデル)ですが、CX-30とMAZDA3に新たな特別仕様車が追加されるとの噂が浮上してきました。

欧州マツダがBOSEとのパートナーシップ30周年を記念する動画を公開、最後には「To be continued...」というメッセージも。

(画像 NetCarShow.com) マツダ車の純正オプションオーディオでおなじみの「BOSE」 今回、欧州マツダがBOSEとの技術パートナーシップ30周年を迎えた記念動画を公開しました。

現行MAZDA3・CX-30初期型のSKYACTIV-D 1.8向けにアップデート版ソフトウェア「MAZDA SPIRIT UPGRADE ”D1.1”」が近日販売開始。

(画像 MAZDA) 今年2月に正式発表されて大きな反響を得ているアップデート版ソフトウェア提供サービス「MAZDA SPIRIT UPGRADE(マツダ スピリット アップグレード)」 これまでのSKYACTIV-X・一部安全装備に加えてMAZDA3・CX-30初期型のSKYACTIV-D 1.8にもサ…

開催延期が発表されていた成都モーターショーが8月29日から開催との情報、中国向けCX-30 EVモデルの発売開始も正式発表予定。

(画像 長安マツダ) 新型コロナウイルス感染再拡大の影響から開催延期が発表されていた中国・成都モーターショーですが、8月29日から開催されるとの情報が出てきました。

英国マツダがオンライン記者会見を実施、ラージ群モデルに8速ATを採用する事やロータリーマルチxEV採用車種について説明。

(画像 MAZDA) マツダは今年6月に2030年に向けての新たな技術・商品の開発方針を発表しましたが、英国マツダも現地メディアを対象とする記者会見を実施したようです。

2021年にオーストラリアでこれまで販売されたマツダ車のMT選択割合に関する記事。

(画像 NetCarShow.com) 日本国内では他メーカーに比べてMT車の設定が多い事で有名なマツダですが、主要地域の一つであるオーストラリアにおける2021年販売実績を取り上げている記事がありました。

中国向けCX-30 EVモデルの発売開始が発表される場として有力だった成都モーターショーが開催延期に。

(画像 長安マツダ) 4月に正式発表された中国市場専用車「CX-30 EVモデル」 発売開始が発表される場として今月開催予定の成都モーターショーが有力視されていましたが開催延期になったようです。

CX-30のCD/DVDプレイヤー横にあったUSB端子が商品改良でセンターアームレスト内へ集約された理由。

(画像 NetCarShow.com) 今年春に一部商品改良が実施された日本向けのCX-30ですが、一部で賛否が出ているUSB端子の位置が変更された理由に関して触れている記事が出てきました。

CX-30が2021年上半期のコロンビア自動車販売ランキングで総合トップに、CX-5もトップ10にランクイン。

(画像 MAZDA UK) 以前このブログでCX-30がコロンビアで高い人気を得ているという情報を取り上げましたが、2021年上半期のコロンビア国内自動車販売ランキングでもその人気が実証されています。

ドイツ大手自動車雑誌”AUTO BILD”がCX-30を「最もリセールバリューが高い小型SUV」に選出。

(画像 ドイツマツダ) ブランド価値向上に取り組んでいるマツダですが、CX-30がドイツで「最もリセールバリューが高い小型SUV」に選出されました。

オーストラリア向けのMAZDA3・CX-30は今年後半に”マイナーモデルアップグレード”が行われるとの情報。

(画像 NetCarShow.com) 日本では4月に一部改良が実施されたMAZDA3・CX-30ですが、オーストラリア向けの車両でも改良の噂が浮上しています。

CX-30 EVモデルのエクステリアに関する意匠登録が新たに公開されました。

(画像 意匠Watch) 特許と並行してチェックしている意匠登録でCX-30 EVモデルのエクステリアに関する内容が新たに公開されています。

中国向けのCX-30 EVモデルは8月に開幕する成都モーターショーで正式に発売開始されるとの情報。

(画像 長安マツダ) 4月に中国で正式発表されたCX-30 EVモデルですが、現地では発売開始時期に関する情報が出てきています。