つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

欧州のマツダ

マツダが公開したCX-60の公式プロモーション映像に映っている"謎のCX-5"

(画像 MAZDA UK) 正式発表されてから様々な情報が公開されてきているラージ商品群第一弾SUV「CX-60」ですが、今回は公式プロモーション動画で気になった部分を取り上げたいと思います。

CX-60 PHEVモデルの牽引能力が2,500kgになったのは欧州からのリクエストがきっかけとの事。

(画像 ドイツマツダ) 欧州で発表されたCX-60 PHEVモデルのスペックで大きなポイントの一つが強化された牽引能力ですが、このスペックに関して興味深い内容がありました。

CX-60発売に合わせてロジウムホワイトプレミアムメタリックのセレクティブキーシェルは登場するのか?

(画像 ドイツマツダ) 昨日、欧州でCX-60のコンフィギュレーターが公開された内容をブログで紹介しましたが、今回は合わせて公開されたアクセサリーオプションについて触れてみたいと思います。

欧州のマツダ公式HPでCX-60のコンフィギュレーターが公開されたのでグレード別に全てのボディカラーの画像を紹介。

(画像 ドイツマツダ) 正式発表から少しづつ情報が公開されてきたマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、ついにドイツマツダがコンフィギュレーターを公開しました。

ドイツマツダが創立50周年記念サイトを公開、「Mazda Classic Automobil Museum Frey」でも記念展示を開催。

(画像 ドイツマツダ) 欧州で最もマーケット規模が大きいのはドイツですが、マツダの現地法人「ドイツマツダ」が今年創立50周年を迎えた事に合わせて記念サイトを公開しました。

欧州メディアが「発電用ロータリーエンジンを採用したMX-30 マルチxEVは2022年7月に生産開始予定」と報道。

(画像 MAZDA) RX-8以来の量産ロータリーエンジン搭載車として多くのユーザーが発表を待ち望んでいる「MX-30 マルチxEV」ですが、このモデルの生産が7月に開始されるという情報が出てきました。

欧州で発表された「MX-30(EV) 2022年モデル」は7月から現地で発売開始予定。

(画像 ドイツマツダ) 欧州の一部地域ですでに発表されていた「MX-30(EV) 2022年モデル」ですが、これまで情報が出てなかった発売開始時期が明らかになりました。

海外メディアがCX-60のデザインを参考にして制作された"次期MAZDA6"の予想イラストを公開。

「現行MAZDA6 (画像 MAZDA USA)」 多くのユーザーが登場を待ち望んでいるMAZDA6の次期型・後継モデルですが、海外メディアがCX-60のデザインを活かして制作された予想イラストを公開しています。

欧州で発表された「MX-30(EV) 2022年モデル」は加速時に聞こえるEVサウンドが改良されてるとの事。

(画像 ドイツマツダ) 欧州で一足先に発表されたMX-30(EV) 2022年モデルでは新しいボディカラーや内装が追加された事を取り上げましたが、さらに加速時のEVサウンドも改良されてるようです。

欧州で一般ユーザーや販売店を対象としたCX-60の先行展示・試乗イベントが開始されています。

(画像 ドイツマツダ) 日本と欧州でメディアやジャーナリストを対象とした試乗イベントが実施されたCX-60ですが、欧州では販売店や一般ユーザーを対象とした先行展示・試乗イベントも始まったようです。

CX-60のフル液晶メーターに関する情報「文字のサイズは変更可能」「加速時のグラフィックの違い」

(画像 ドイツマツダ) マツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ではマツダ初となる技術や機能が多く採用されていますが、今回はフル液晶メーターに関する内容を紹介したいと思います。

欧州マツダのデザインディレクターが「ソウルレッドやマシーングレーと並ぶ新しいボディカラーがまもなく発表される」と証言、新色はブルーかグリーンのどちらかの模様。

(画像 MAZDA) ソウルレッドクリスタルメタリックを中心にボディカラーにも強いコダワリが込められているマツダデザインですが、欧州マツダのデザインディレクターが新しいボディカラーがまもなく発表される事を証言しています。

マツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」のPHEV仕様はバイワイヤ式のブレーキが採用されているとの情報。

(画像 ドイツマツダ) 欧州で量産プロトタイプ車両の試乗インプレッションが解禁されているマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、今回はPHEV仕様のブレーキに関する情報を紹介したいと思います。

マツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」のボディカラーをシミュレーションできるサイト(やや簡易的ですが・・・)

(画像 LeasePlan) 日本でも先行予約が開始されたマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、今回はボディカラーをシミュレーションできるサイトを紹介したいと思います。

「ワンオーナー」「走行距離764km」「30年間室内保管」という新車に近い状態のFD型 RX-7がドイツの自動車情報サイトに掲載。

(画像 mobile.de) ここ数年で価格相場がかなり上昇しているマツダのロータリースポーツ「RX-7」ですが、ドイツの自動車販売情報サイトにほぼ新車状態の車両が掲載されました。

欧州でMX-30 2022年モデル発売に向けた動きがドイツ以外でも出てきました。

(画像 ドイツマツダ) 4月中旬にドイツマツダから正式発表されたMX-30 2022年モデルですが、欧州では他の国でも販売開始に向けた動きが出始めています。

CX-60欧州仕様の直6 e-SKYACTIV-D 3.3搭載モデルには2つのスペックが用意される?

(画像 MAZDA) CX-60を含むラージ商品群で大きなトピックの一つである直6エンジンですが、欧州向けのCX-60では直6 e-SKYACTIV-D 3.3搭載モデルに2つのスペックが用意されるという情報が出てきました。

ドイツマツダがCX-60の内外装紹介や走行シーンを収録した公式映像を公開しました。

(画像 ドイツマツダ) 先日ソウルレッドとマシーングレーの車両の新たな写真を多数公開したドイツマツダがですが、続いて内外装紹介や走行シーンを収録した公式映像も公開しています。

欧州の一部自動車メディアが「CX-60」の公道試乗インプレッション動画を公開したので気になるポイントをチェック。

(画像 ドイツマツダ) 日本ではカモフラージュされたプロトタイプの試乗レポートが公開されているマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、欧州では公道試乗インプレッション動画が解禁されています。

ドイツマツダがラージ商品群第一弾モデル「CX-60」の新たな公式写真を公開、現地ではメディア向けの試乗も開始されてる可能性あり。

(画像 ドイツマツダ) 日本でも先行予約受付がスタートしたマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、一足先に販売開始予定のドイツマツダが新たな公式写真を公開しました。

マツダの「2022年3月期 通期決算」は5月13日に発表予定。

(画像 MAZDA) ラージ商品群SUVを中心に次世代へ向けた動きが本格化しつつあるマツダですが、2022年3月期(2021年度)通期決算の発表予定日が公開されています。

ドイツマツダがCX-60の先行注文を2000件近く獲得している事を発表、4月~6月にかけてドイツ全土で先行試乗イベントも実施予定

(画像 ドイツマツダ) すでに欧州向けの量産が開始されているマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、ドイツマツダが現時点で獲得している注文台数と先行試乗イベントを発表しています。

ボディカラーがジェットブラックマイカなCX-60の実車画像。

(画像 ドイツマツダ) 本日、量産第一号車がラインオフされたマツダのラージ商品群モデル「CX-60」ですが、早速これまで公になってないジェットブラックマイカの実車が写ってる映像がありました。

マツダがCX-60の生産ラインの画像や動画を公開、地元メディアでは量産開始セレモニーも取り上げられています。

(画像 MAZDA) 日本における先行予約も間近に迫っているマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、新たに生産ラインに関する画像や動画が各方面から公開されています。

スウェーデンマツダがこれまで未公開だったデザインのCX-60純正ホイールを3種類公開(純正オプション用の可能性もあり)

(画像 ドイツマツダ) マツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」に採用される純正ホイールはすでにいくつか公開されていますが、スウェーデンマツダがこれまで未公開だったホイールの画像を公開しています。

ドイツマツダが「MX-30 2022年モデル」を発表、ボディカラーにジルコンサンドメタリックが新設定されて新しい内装色も登場。

(画像 ドイツマツダ) 発売開始から約2年が経過しているMX-30ですが、ドイツマツダが2022年モデルを発表。 新しい内外装など改良点が複数あるので紹介したいと思います。

欧州マツダの関係者がロードスター(MX-5)の今後について証言、現行モデルは少なくとも2025年前後までは販売されるのが有力か?

(画像 MAZDA UK) 現行モデルが発売開始されてから今年で7年目になるロードスター(MX-5)ですが、欧州マツダの関係者がロードスターの今後について取材を受けています。

マツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」のマフラー形状はどうなるのか改めて検証してみました。

(画像 MAZDA UK) 欧州で正式発表されてから多くの注目を集めているマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、正式発表前から賛否を呼んでる"あの部分"について検証してみました。

マツダのラージ商品群第一弾モデル"CX-60"の新たな画像を紹介。「正面から見た標準グレードのフロントデザイン」「ジェットブラックマイカな"HOMURA"」

(画像 MAZDA UK) 日本仕様発表まで残り僅かとなったマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、今回はたまたま見つけた欧州仕様の新たな画像を紹介したいと思います。

イタリアではCX-60(PHEV)の受注台数が正式発表から約3週間で2022年の目標販売台数をすでに達成したとの事。

(画像 MAZDA UK) 欧州ではすでにプラグインハイブリッド仕様の先行予約が開始されているマツダのラージ商品群第一弾モデル「CX-60」ですが、イタリアではすでに受注台数が2022年の目標台数に達したとの情報が出てきました。