つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

マツダの噂・情報

米国の自動車専門メディア「MOTORTREND」が次期MAZDA6の新たな予想イラストを公開。

(画像 MAZDA UK) 北米で販売終了がアナウンスされた事で今後の動向が気になるMAZDA6ですが、海外メディアが次期型の予想イラストを公開しています。

CX-30のCD/DVDプレイヤー横にあったUSB端子が商品改良でセンターアームレスト内へ集約された理由。

(画像 NetCarShow.com) 今年春に一部商品改良が実施された日本向けのCX-30ですが、一部で賛否が出ているUSB端子の位置が変更された理由に関して触れている記事が出てきました。

マツダとミズノが共同開発したドライビングシューズの実物展示がマツダ本社で7月22日から開始、福岡でも展示が検討中という情報も。

発表されてから大きな反響を得ているマツダとミズノ共同開発のドライビングシューズですが、ミズノの直営店に続いて広島のマツダ本社でも実物展示がスタートしたようです。

マツダが防府第2工場の生産ライン等を改造する工事を行うと発表、ラージ群モデルや電動デバイス採用車の生産体制を整えるために実施(2021.7.22情報更新)

(画像 MAZDA) 国内におけるマツダの生産拠点である防府工場がラージ群モデルや電動デバイス採用車の生産を視野に入れて生産ライン等を改造する工事を行うようです。 (※2021.7.22情報更新)

北米向けMX-30 EVモデルのプロトタイプと思われる車両が米国で再び目撃されました。

(画像 NetCarShow.com) 2021年秋に米国とカナダと一部地域で発売開始予定のMX-30 EVモデル。 今年の春頃に続いて米国でプロトタイプと思われる車両がつい最近目撃されています。

海外で「MAZDA3 TCRのレプリカボディキット」を制作しようとしているユーザーさんが出現。

(画像 NetCarShow.com) 2019年に発表されて大きな反響を得た「MAZDA3 TCR」 このモデルのレプリカボディキット開発へ動いているユーザーさんがいたので取り上げたいと思います。

べバストジャパンが広島の本社工場を拡張してパノラマルーフ増産へ、今後マツダ車への採用はあるのか?

(画像 NetCarShow.com) マツダに関する信憑性の高い情報を発信する事でおなじみの中国新聞ですが、両社と同じく広島県内に本社があるべバストジャパンに関して少し興味深い記事が出てきたので取り上げてみたいと思います。 (TOP画像はパノラマルーフになっ…

イタリアマツダが2007年から行っているガンの子供を持つ家族をサポートする団体への支援活動。

(画像 イタリアマツダ) 世界各国において様々な形で活用されているマツダ車ですが、今回はイタリアマツダが行っている支援活動を取り上げます。

マツダ関係者が「直6エンジンやFRアーキテクチャー採用の次期CX-5が2022年に登場」という報道を否定、ラージ群第一弾は新型SUVが有力か?

(画像 NetCarShow.com) 導入開始となる2022年が近づくにつれて様々な噂が出ているマツダのラージ群モデルですが、一部メディアで報じられている次期CX-5に関する噂をマツダ関係者が否定したようです。 (TOP画像は現行CX-5)

米国マツダ担当者が「MX-30 ロータリーマルチxEVの発売時期に遅れは無い事を確認している」と証言。

(画像 MAZDA) ここ最近、発売や開発に関して様々な憶測が出ているロータリーエンジンを使ったマルチxEVですが、米国マツダの担当者が発売時期の遅れなどは無いと証言しています。

海外で「マツダのロータリーマルチxEVはシリーズハイブリッドとプラグインハイブリッドが登場、レンジエクステンダーは未定」という報道が浮上。

(画像 MAZDA) 少し前にマツダのロータリーマルチxEVを元に登場する電動車両の種類が変更されるという噂を取り上げましたが、海外でも似たような情報が出てきています。

CX-30が2021年上半期のコロンビア自動車販売ランキングで総合トップに、CX-5もトップ10にランクイン。

(画像 MAZDA UK) 以前このブログでCX-30がコロンビアで高い人気を得ているという情報を取り上げましたが、2021年上半期のコロンビア国内自動車販売ランキングでもその人気が実証されています。

タイランドマツダが2021年後半に新しい乗用車とSUVを導入すると予告、ただし新型車では無く商品改良の可能性も。

(画像 MAZDA) 2021年後半のマツダもどのような動きがあるのか楽しみですが、早速タイランドマツダが2021年後半に導入予定の車種について発表しています。 (画像はMAZDA3セダンのデザインスケッチ)

マツダのミズノ共同開発のドライビングシューズが早くも売り切れ、急遽250足が追加販売へ(2021.7.9 16:00に情報更新)

(画像 MAZDA) 先日発表されたマツダとミズノが共同開発したドライビングシューズ。 かなりの人気から早くも売り切れになったようですが、まだ購入できる可能性も出てきています。 (※2021.7.9 16:00に追加販売が発表されたので情報更新)

米国マツダは早くも2022年モデルだけでなく2023年モデルのカタログ公開も準備している?

(画像 MAZDA USA) 海外向けのマツダ車は例年だと夏を迎える頃からモデルイヤーの更新が開始されますが、今回は米国マツダの公式HPで以前から気になっていた事を取り上げます。 本当に些細な事なので軽い気持ちで読んでください(笑)

マツダとミズノが新たに共同開発した”ドライビングシューズ”を正式発表、本日より予約受注を開始。

(画像 MAZDA) 数日前からマツダとミズノ両社が予告していた新たな共同開発プロジェクトが本日正式発表されました! 現時点で明らかになっている情報をおさらいしていきます。

マツダが半導体不足の影響で防府第一工場の生産調整を開始したので想定される影響をおさらい。

(画像 MAZDA) 昨今の半導体不足の影響でマツダは7月に防府第一工場で生産調整を実施すると発表していましたが、生産調整が開始された事で想定される影響を簡単におさらにしたいと思います。

ラージ群SUVや次期MAZDA6の予想イラストを公開したYouTubeチャンネルが新たに「MAZDA2 2022年モデル」の予想イラストを公開。

(画像 MAZDA UK) 今年に入ってから”ラージ群SUV”や”次期MAZDA6”の予想イラストを公開してきたYouTubeチャンネルが新たに「MAZDA2 2022年モデル」の予想イラストを公開しています。 (TOP画像は現行MAZDA2)

中国における一汽マツダと長安マツダの事業統合は今年末までに完了するとの噂が浮上。

(画像 MAZDA) 今年4月、中国におけるマツダの合弁会社「一汽マツダ」の事業がもう一つの合弁企業「長安マツダ」へ統合されるという噂を取り上げましたが、現地ではまた新たな噂が浮上しています。 (TOP画像は一汽マツダが生産・販売を担当してきたCX-4)

マツダのラージ群アーキテクチャーを元に登場するモデルはSUVの優先度が高い可能性。

(画像 MAZDA) 2022年から導入開始予定で期待度が高まっているマツダのラージ群モデルですが、このアーキテクチャーをベースに登場するモデルに関する話題が出てきています。

マツダとミズノが新たな共同開発プロジェクトを7月6日に公開予定、ドライビングシューズが有力?

(画像 MAZDA) 本日、大手スポーツ用品メーカーのミズノとマツダが新たな共同開発プロジェクトを7月6日に公開すると予告開始しました。

マツダブランドスペース大阪でMAZDA2の新たな特別仕様車「Sunlit Citrus」の実車が展示開始されるようです。

(画像 MAZDA) 以前からお世話になっているマツダブランドスペース大阪。 緊急事態宣言などもあってしばらく変更が無かった展示車両が更新されるようです。

MAZDA2のBlack Tone Editionは2021年6月の商品改良で装着ホイールが変わっていました。

(画像 MAZDA) SKYACTIV-G 1.5の改良や新たな特別仕様車追加が主なトピックだったMAZDA2の2021年商品改良。 前回のブログでは触れて無かった変更点を見つけたので追記も兼ねて取り上げます。

2022年登場予定のMX-30 マルチxEVは「”ロータリーとモーターで駆動する”プラグインハイブリッド」になる? レンジエクステンダーは取りやめという報道も。

(画像 MAZDA) 2022年に導入予定とされているMX-30 ロータリーマルチxEVモデル。 ロータリーエンジン復活という点から大きな注目が集まっていますが、気になる情報が出てきました。

米国で制作されている”5ローター”ロータリーエンジン搭載のレーシングカー。

(画像 MAZDA) 世界中で様々なチューニング・カスタムが行われているロータリーエンジン。 今回は米国で制作されている”5ローター”搭載のレーシングカーを見つけたので取り上げます。

南アフリカマツダが新型BT-50導入を正式発表、7月15日にオンラインで披露予定。

(画像 オーストラリアマツダ) 昨年10月のオーストラリアを皮切りに導入地域を広げている新型BT-50。 続いて南アフリカマツダも導入を正式発表しました。

2030年までに電動デバイス採用が公表されたロードスター、現行モデルも含めて今後の展開を考えてみる。

(画像 MAZDA) 先日マツダが開催した「中期技術・商品方針説明会」の場で2030年までに電動デバイス採用が公表されたロードスター。 かなり大きな反響を呼んでいるこの内容について現行モデルも含めた今後の展開を考えてみたいと思います。

ドイツのマツダミュージアム「Mazda Classic - Automobil Museum Frey」が6月24日から営業再開へ。

(画像 ドイツマツダ) マツダからも公式認定されているドイツのミュージアム「Mazda Classic - Automobil Museum Frey」 新型コロナウイルス感染拡大の影響で休館となっていたこのミュージアムが6月24日から営業を再開するというニュースが入ってきました。

マツダが「2030年に向けた新たな技術・商品方針」を発表したので詳しくチェックしてみました。

(画像 MAZDA) 本日、マツダが「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づいた2030年に向けての新たな技術・商品の開発方針を発表しました! 資料も公開されているので出来る限り詳しくチェックしてみます。

マツダオフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」でMAZDA 787B 30THコレクションが発売へ。

(画像 MAZDA) 今年はマツダがルマン24時間レースを制覇してからちょうど30周年ですが、オフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」では記念グッズを発売する事が発表されました。