つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

マツダの噂・情報

マツダの車種別コネクティッドサービス一覧の最新版をチェック、「CX‐3」「CX-5」「MAZDA2」は気になるポイントも・・・。

(画像 MAZDA) 現代の自動車でほぼ必須になってきているコネクティッドサービスですが、マツダが公開している車種別サービス情報をチェックしてみました。

マツダメキシコ工場が操業10周年を迎えたので現況と今後に関する情報を紹介。

(画像 メキシコマツダ) 国内外に生産拠点を設けているマツダですが、メキシコ工場が操業10周年を迎えました。

米国マツダの関係者が直6ガソリンターボエンジン「e-SKYACTIV G 3.3T」を今後さらにパフォーマンスUPさせる可能性についてコメント。

(画像 MAZDA USA) CX-70・CX-90を中心に搭載されている直6ガソリンターボエンジンですが、今後まだまだ進化する可能性があるようです。

北米マツダが「CX-70」の価格やグレード構成を発表したので詳しくチェック、新しいボディカラー"Melting Copper Metallic"の画像も公開。

(画像 MAZDA USA) 先月30日に北米でワールドプレミアされていた「CX-70」ですが、北米マツダが詳細を正式発表しています。

「MAZDA SPIRIT RACING」のブランドやコンセプトカー展開は現時点で日本のみ、海外にも展開される可能性は?

2022年に本格始動してから活動範囲がどんどん広がっている「MAZDA SPIRIT RACING」ですが、今後海外にも展開される可能性について考えてみました。

マツダが2024年度の「マツダファンフェスタ(MAZDA FAN FESTA)」開催計画を発表、第一弾は東北で4月6/7日開催。

(画像 MAZDA) マツダの関連イベントとしてすっかり定着した「マツダファンフェスタ(MAZDA FAN FESTA)」ですが、2024年度の開催計画が本日発表されました。

マツダが「オートモビルカウンシル2024」に出展予定なので今年の出展テーマを予想。

2019年のオートモビルカウンシルのマツダブース (画像 MAZDA) 毎年春に開催されている「オートモビルカウンシル」ですが、マツダは今年も出展予定のようです。

「CX-70」の車両本体価格は39,000ドル~の予定で標準スペックの直6ガソリンターボモデルのみ発売開始が遅れる噂。

(画像 MAZDA USA) 先月にワールドプレミアされてから少しずつ情報が出てきている「CX-70」ですが、今回は車両本体価格とパワートレインに関する話題が出てきています。

マツダが「マツダイノベーションスペース東京」を六本木に開設した事を正式発表、コンセプトは"新たな価値創造に挑戦する仲間づくりの場"

(画像 MAZDA) 電動化対応を中心に次の時代に向けた動きを加速させているマツダですが、本日東京・六本木に新たな拠点を開設した事を発表しています。

マツダが「MAZDA6 国内仕様」の一部グレード・機種の注文受付終了を13日付で発表。

(画像 MAZDA) 国内での販売終了が発表されていた「MAZDA6」ですが、一部グレード・機種の注文受付がすでに終了しているようです。

「CX-70」のボディカラーラインナップにはアーティザンレッドやマシーングレーが含まれない可能性も? (追記:価格やグレードは2月21日に発表か?)

(画像 MAZDA USA) 先月にワールドプレミアされてから少しずつ情報が出てきている「CX-70」ですが、ボディカラーラインナップに関する続報が出てきています。

北米マツダCEOが「CX-50 ハイブリッド(北米仕様)」を2024年後半に導入する事を明言。

一足先に中国で販売開始されている「CX-50 ハイブリッド」ですが、北米マツダCEOも導入予定時期を明言しています。

長安マツダが2026年頃までの商品ラインナップ計画を公表していました。

(画像 autohome.com) 長安汽車とマツダによる共同開発車などが導入予定となっている中国市場ですが、2026年頃までの商品ラインナップ計画も公表されていました。

マツダが「2024年3月期 第3四半期決算」を発表したので内容をチェック。

(画像 MAZDA UK) 2024年2月9日、マツダが2024年3月期 第3四半期決算を発表しました。 いつも通りプレゼンテーション資料が公開されているので中身をチェックしていきたいと思います。

欧州圏のマツダ現地法人が「MX-5(ロードスター)誕生35周年」を祝うニュースリリースを発表、累計生産台数は120万台越え。

(画像 ドイツマツダ) 今年誕生35周年を迎える「ロードスター(MX-5)」ですが、欧州圏の現地法人が35周年を祝うニュースリリースを発表しています。

欧州マツダのデザイナーが最近のボデイカラートレンドについてコメント、今後明るめのボディカラーの人気が戻る可能性も?

(画像 MAZDA) 色も造形の一部という信念からボディカラーにも強いこだわりが込められているマツダデザインですが、欧州マツダのデザイナーがここ最近のトレンドや今後の予測についてコメントしています。

マツダブランドスペース大阪で実施されている「CX-5 Retro Sports Edition」と「ロードスター V Selection」の展示は今月12日まで。

いつもお世話になっているマツダブランドスペース大阪ですが、そろそろ展示車両が変更されるようです。

ドイツマツダの関係者が「CX-80を2024年9月に発売」とコメントしています。

(画像 MAZDA) 日本や欧州へ導入予定となっている「CX-80」ですが、ドイツマツダの関係者が発売開始時期に関してコメントしています。

「MAZDA2 Hybrid 2024年モデル」の実車が欧州の販売店へ配備開始されています。

(画像 ドイツマツダ) 先月から量産開始されている欧州限定モデル「MAZDA2 Hybrid 2024年モデル」ですが、欧州の販売店にも実車が届き始めたようです。

オーストラリアマツダの関係者が「CX-5」の次期型/後継モデルはサイズ・パッケージング・価値を現行型から受け継ぐ事を示唆。

昨年頃から次期型/後継モデルに関する話題が出てきている「CX-5」ですが、新たに商品コンセプトに関する話題が出てきました。

「CX-60」が2023年度自動車アセスメント(JNCAP)で最高評価のファイブスター賞を獲得、2022年度の4つ星から改善。

(画像 MAZDA) ワールドプレミアからまもなく2年が経過する「CX-60」ですが、2023年度の自動車アセスメントで最高評価を獲得した事が本日発表されました。

CX-70には「新開発のボディカラー」と「復活するボディカラー(?)」が用意される噂。

(画像 MAZDA USA) 1月30日にワールドプレミアされてから大きな話題と呼んでいる「CX-70」ですが、早くも気になる噂が出てきています。

マツダが2024年2月1日付で「ロータリーエンジン開発グループ」復活を正式発表!

今年の東京オートサロンでサプライズ発表されたロータリーエンジン開発グループの復活ですが、本日マツダから正式なニュースリリースが出ました。

マツダの国内向け新車ラインナップから「CX-8」が無くなりました、ただし一部店舗では新車在庫がまだ残ってる可能性も?

昨年末に生産終了して在庫車のみの販売になっていた「CX-8」ですが、ついにマツダの国内販売ラインナップからも無くなってしまいました。

マツダがラージ商品群SUV第3弾「CX-70」を正式発表したので内容を詳しくチェック。

(画像 MAZDA USA) 2024年1月30日(米国時間)、マツダがラージ商品群SUV第3弾モデル「CX-70」を北米で正式発表しました!

フランスに続いてドイツでも「MX-5(ロードスター) SKYACTIV-G 2.0搭載モデル販売終了」の噂が浮上。

(画像 ドイツマツダ) 大幅商品改良モデル(2024年モデル)の販売がいよいよ始まった「ロードスター(MX-5)」ですが、ドイツで気になる噂が出てきています。

「CX-70」の実車と思われる画像が複数出てきました(ネタバレ要素有り)

(画像 MAZDA USA) ワールドプレミア直前になって情報や画像が出てきている「CX-70」ですが、ついに実車の一部が映ってると思われる画像が出てきています。

北米マツダとカナダマツダが「CX-70」の一部画像を公式SNSに投稿、ハニカムメッシュグリルとブラック仕様のシグネチャーウイングを採用か?

(画像 MAZDA USA) いよいよ今夜ワールドプレミアが行われる「CX-70」ですが、米国とカナダで新たな画像が出てきています。

「CX-70」と思われる新たな公式画像が出てきました、CX-90には設定されていないブラックウインドウモール仕様を用意?

(画像 北米マツダ) いよいよワールドプレミアが間近に迫ってきた「CX-70」ですが、このタイミングでさらに公式と思われる新たな画像が出てきています。

北米マツダのティザー画像に映っている「CX-70」と思われる車両を詳しくチェック。

(画像 北米マツダ) 昨日北米マツダから新しい特設サイトとティザー画像が公開された「CX-70」ですが、画像に登場する車両で気になる部分を取り上げます。