つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

MAZDA6(アテンザ)

MAZDA COLLECTIONで「4代目カペラ」「ランティス」「初代デミオ」のモデルカーが2023年2月9日に発売予定。

(画像 MAZDA) ほぼ毎月モデルカーが発売されているマツダオフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」ですが、今月発売されるモデルカーの情報が公開されました。

欧州マツダCEOが「MAZDA6」と「CX-5」の今後について証言、MAZDA6の次期型・後継モデルはEV専用アーキテクチャーベースの可能性も?

(画像 ドイツマツダ) ラージ商品群導入や電動化戦略を推進している最近のマツダですが、一方で中々先行きが読みにくい「MAZDA6」と「CX-5」について欧州マツダのCEOが証言しています。

英国マツダが現地メディアを通じて「MAZDA6」の販売終了を公表。

(画像 MAZDA UK) 次期型や後継モデルに関する情報が中々出てこない「MAZDA6」ですが、英国でも販売が終了したという情報が出てきました。

ポーランドマツダが新たなデジタルラジオ規格の影響で「MAZDA2」「MAZDA6」「MX-5(ロードスター)」の新車注文を停止、MX-5のみ新規格に対応した改良モデル登場を予告。

(画像 欧州マツダ) 年明けから「MX-30 R-EV」や「CX-90」に注目が集まっているマツダですが、ポーランドマツダが2023年の販売ラインアップについて気になる発表を行いました。

「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」と「アーティザンレッドプレミアムメタリック」が近い時期に設定されそうな車種を妄想してみました。

(画像 MAZDA) マツダは2022年に「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」と「アーティザンレッドプレミアムメタリック」という匠塗の新しいボディカラーを発表しましたが、今後この2色が設定される車種を想像してみました。

国内のマツダ販売店に「MAZDA6 20th Anniversary Edition」の実車が配備され始めたようです。

(画像 MAZDA) 今月9日に正式発表された「MAZDA6 2022年商品改良モデル」ですが、早くも国内の販売店に実車が配備され始めたようです。

欧州とオーストラリアでも「MAZDA6 2023年モデル」が正式発表、オーストラリア向けの20周年記念車はSKYACTIV-G 2.5ターボを搭載。

(画像 ドイツマツダ) 昨日日本で正式発表された「MAZDA6 2022年商品改良」ですが、欧州とオーストラリアでも"2023年モデル"として正式発表されました。

マツダが「MAZDA6 2022年商品改良モデル」を正式発表したので内容を詳しくチェック。

(画像 MAZDA) 本日12月9日、マツダが「MAZDA6」の商品改良を正式発表。 いつも通り改良・変更内容を詳しくチェックしていきます。

国内のマツダ販売店が「MAZDA6 2022年商品改良モデル」の情報を公開、20周年記念車やアーティザンレッドプレミアムメタリックの画像も。

「アーティザンレッドプレミアムメタリック (画像 MAZDA)」 欧州で20周年記念車(20TH ANNIVERSARY)やアーティザンレッドプレミアムメタリックの採用が判明していたMAZDA6ですが、国内でも2022年商品改良モデルの情報が出てきました。

マツダの関係者が「MAZDA6の次期型・後継モデルが出る可能性」や「ビジョンスタディモデル」等について証言、ロードスターは2026年頃の公開に向けて開発中?

「ビジョンスタディモデル (画像 MAZDA)」 オーストラリアではCX-60の価格やグレード構成に関する情報が解禁されましたが、現地ではこのタイミングに合わせてマツダの将来についても取材した記事が複数出てきました。

アーティザンレッドプレミアムメタリックの特別塗装価格は既存のソウルレッドと同程度になる見込みとの事。

(画像 MAZDA) 昨日マツダから正式発表された匠塗の新しいボディカラー「アーティザンレッドプレミアムメタリック」ですが、新車購入時の特別塗装価格は既存のソウルレッドと同程度になる見込みのようです。

マツダが新しい匠塗のボディカラー「アーティザンレッドプレミアムメタリック」開発を正式発表しました!

(画像 MAZDA) 今やマツダ車のボディカラーで定番となった独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」ですが、マツダから匠塗の新しいボディカラーが正式発表されました。

欧州向けの「MAZDA6 2023年モデル」はブルーリフレックスマイカが廃止されている?

(画像 ポーランドマツダ) 少しづつ商品改良の情報が出てきている「MAZDA6」ですが、欧州仕様に設定されていたブルーリフレックスマイカが2023年モデル登場でついに廃止される可能性が出てきました。

ポーランドマツダが「MAZDA6 2023年モデル」の情報を公開、ブラウンナッパレザー内装の特別仕様車”20TH ANNIVERSARY”に加えて新しいボディカラー"ARTISAN RED"が登場。

(画像 ポーランドマツダ) 日本国内で商品改良の噂が浮上していた「MAZDA6」ですが、欧州ではポーランドマツダが"2023年モデル"の情報を公開していました。

欧州で販売ラインアップ一覧から「MAZDA6」や「CX-5」が無くなってる国が出てきました。2023年モデル販売へ向けた動き?それとも販売終了?

(画像 MAZDA UK) まだしばらく現行モデルが継続される見込みの「MAZDA6」「CX-5」ですが、欧州の一部地域で気になる動きが出ています。

マツダコネクトが無い車両に装備されている「セグメント液晶オーディオディスプレイ」は種類が複数あるので紹介、MAZDA6とCX-5への搭載例も。

(画像 MAZDA) 現在販売されているマツダ車のほぼすべてに搭載されているマツダコネクトですが、今回はマツダコネクトが無い車両に搭載されているセグメントオーディオに関する話題を紹介したいと思います。

「もしマツダがクロスオーバースタイルの4ドアクーペ"MX-60"を登場させたら?」という予想CGが海外で公開されています。

「こちらはVISION COUPEのティザー画像 (画像 MAZDA)」 次期型に関する具体的な情報が中々出てこないMAZDA6ですが、海外で「クロスオーバースタイルの次期型がもし出たら?」という予想CGが公開されています。

スロバキアマツダが2023年春頃までの商品導入スケジュールを公開、発電用ロータリーエンジンを採用した「MX-30 REV」は10月に発表?

(画像 商標Watch) 日本では一部のモデルで商品改良を思わせる動きが出始めているマツダですが、欧州ではスロバキアマツダが今後の商品導入スケジュールを公開しています。

ここ最近出てきた2022年後半のマツダ車商品改良に関する情報や噂を一旦まとめてみました。

(画像 MAZDA) 5月末頃から複数のマツダ車で商品改良を思わせる動きが出てきていますが、これまでブログで取り上げた関連情報や噂を一旦まとめてみました。

マツダが公式HPで「MAZDA6の注文受付を一旦終了した」案内を掲載、商品改良の可能性が有力か?

(画像 MAZDA UK) 先月頃から商品改良に関する動きが出てきているマツダですが、今度はMAZDA6の注文受付も一旦終了したようです。

海外のYouTubeチャンネルが"MAZDA6 2023年モデル"の予想CGを公開。

(画像 MAZDA UK) 今後の動向に関して様々な憶測が飛んでいるMAZDA6ですが、海外のYouTubeチャンネルが"2023年モデル"の予想CGを公開しています。

欧州マツダ副社長が「MAZDA6の今後」や「発電用ロータリーエンジン」を中心にマツダの現況や今後について証言。

(画像 MAZDA UK) ドイツと北欧でまもなくCX-60の販売がスタートするマツダですが、欧州マツダの副社長が現況や今後の展開について詳しく証言されています。

米国マツダ公式HPのモデルラインナップ一覧からMAZDA6がついに無くなりました・・・。

(画像 MAZDA USA) すでに2021年モデルを最後に販売終了が発表されていた北米向けのMAZDA6ですが、ついに米国マツダ公式HPのモデルラインナップ一覧から無くなっていました・・・。

海外メディアがCX-60のデザインを参考にして制作された"次期MAZDA6"の予想イラストを公開。

「現行MAZDA6 (画像 MAZDA USA)」 多くのユーザーが登場を待ち望んでいるMAZDA6の次期型・後継モデルですが、海外メディアがCX-60のデザインを活かして制作された予想イラストを公開しています。

オーストラリアマツダの関係者が「現行MAZDA6はいくつかのアップデートが行われる」と証言。

(画像 MAZDA UK) 現行モデルが登場してから今年で約10年が経過したMAZDA6ですが、オーストラリアマツダの関係者が現行モデルの更なるアップデートに関して証言しています。

オーストラリアマツダの関係者が「MAZDA6を中心とするセダン系モデルの今後」と「CX-5のハイブリッド仕様が出る可能性」について証言。

(画像 MAZDA) ここ最近はラージ商品群第一弾モデル「CX-60」や北米向け新型SUV「CX-50」が話題の中心になっているマツダですが、一方で既存モデルの中でも「セダン系モデル」と「CX-5」の今後に関してオーストラリアマツダの関係者が証言しています。

ポーランド大手自動車雑誌の読者投票でMAZDA6とMX-5(ロードスター)が「BEST CARS 2022」に選出。

(画像 ポーランドマツダ) 今年も海外を中心にマツダ車が受賞・選出される動きが出てきていますが、ポーランドの自動車雑誌が行った読者投票でMAZDA6とMX-5(ロードスター)が部門TOPに選出されました。

欧州マツダの関係者が「現時点でラージ群アーキテクチャーをベースにしたMAZDA6の次期型・後継モデルを出す計画は無い」と証言。

(画像 MAZDA) 以前から多くの人が登場を待ちわびているMAZDA6の次期型・後継モデルですが、欧州マツダの関係者がラージ群アーキテクチャーによる次期型・後継モデルの計画が無い事を証言しています。

オーストラリアマツダの関係者がMAZDA6の今後について証言、まだしばらく現行型を継続する可能性が有力か?

(画像 MAZDA UK) まもなく発表されるCX-60を含めて4つのSUVが導入予定と公表されているマツダのラージ商品群ですが、一方で多くの人が気になっているMAZDA6の今後についてオーストラリアマツダの関係者が取材に答えています。

メキシコとカナダのマツダ公式HP車種一覧からMAZDA6が無くなっていました(メキシコは販売終了なのかまだ不明)

(画像 MAZDA USA) マツダのフラッグシップモデルである「MAZDA6」ですが、メキシコマツダ公式HPをチェックすると車種一覧から無くなっていました・・・。