つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

ロータリーエンジン

MAZDA COLLECTIONで「アンフィニ RX-7(1/43)」「MAZDA 787B 55号車(1/64)」のモデルカーが7月23日に発売予定。

(画像 MAZDA) マツダ公式グッズ”MAZDA COLLECTION”で7月に発売予定のモデルカー2種類が新たに発表されています。

米国マツダ担当者が「MX-30 ロータリーマルチxEVの発売時期に遅れは無い事を確認している」と証言。

(画像 MAZDA) ここ最近、発売や開発に関して様々な憶測が出ているロータリーエンジンを使ったマルチxEVですが、米国マツダの担当者が発売時期の遅れなどは無いと証言しています。

海外で「マツダのロータリーマルチxEVはシリーズハイブリッドとプラグインハイブリッドが登場、レンジエクステンダーは未定」という報道が浮上。

(画像 MAZDA) 少し前にマツダのロータリーマルチxEVを元に登場する電動車両の種類が変更されるという噂を取り上げましたが、海外でも似たような情報が出てきています。

2022年登場予定のMX-30 マルチxEVは「”ロータリーとモーターで駆動する”プラグインハイブリッド」になる? レンジエクステンダーは取りやめという報道も。

(画像 MAZDA) 2022年に導入予定とされているMX-30 ロータリーマルチxEVモデル。 ロータリーエンジン復活という点から大きな注目が集まっていますが、気になる情報が出てきました。

NHK・プロジェクトXのロータリーエンジン特集回が6月29日に再放送予定。

(画像 MAZDA) 一度は見た事がある方が多いかもしれないNHK・プロジェクトXのロータリーエンジン特集回。 この番組が週明けの6月29日に再放送されるようです。

米国で制作されている”5ローター”ロータリーエンジン搭載のレーシングカー。

(画像 MAZDA) 世界中で様々なチューニング・カスタムが行われているロータリーエンジン。 今回は米国で制作されている”5ローター”搭載のレーシングカーを見つけたので取り上げます。

マツダが2022年~2025年に導入するEV・プラグインハイブリッド・ハイブリッドはどんなモデルになるか予想してみた。

(画像 MAZDA) マツダは先日発表した「2030年に向けた新たな技術・商品方針」の中で2022年~2025年までにEV・プラグインHV・HVを合計13車種導入予定と公表しました。 これら13車種はどのようなモデルになるのか予想してみます。

マツダが「2030年に向けた新たな技術・商品方針」を発表したので詳しくチェックしてみました。

(画像 MAZDA) 本日、マツダが「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」に基づいた2030年に向けての新たな技術・商品の開発方針を発表しました! 資料も公開されているので出来る限り詳しくチェックしてみます。

MX-30のロータリーマルチxEV仕様は「2021年後半に発表される」との情報。

(画像 MAZDA) ロータリーエンジン復活への第一歩として注目が集まっているMX-30のロータリーマルチxEV仕様ですが、気になる発表時期に関して気になる情報がありました。

米国の博物館で保存されているFD3S RX-7のプロトタイプ。

(画像 TopSpeed) 今も変わらぬ人気を誇るマツダのロータリースポーツ「FD3S型 RX-7」 このモデルのプロトタイプが現在も米国の博物館で保存されています。

マツダ本社ロビーに「787B」と「新型BT-50」が展示されてるとの情報。

(画像 MAZDA) 広島のマツダ本社ビル1階にあるロビー。 このスペースには常時マツダ車が展示されていますが、現在の展示車両がかなり魅力的なようです。

米国とカナダでMX-30 EVモデル導入が正式発表、ロータリーマルチxEVモデルも2022年に導入予定。

(画像 MAZDA USA) SNSを通じて導入予告されていた北米向けのMX-30 EVモデルが米国とカナダで正式発表されました。 公開された情報はまだ一部ですが出来る限り詳しく取り上げたいと思います。

3ローターエンジンを搭載したベルギーのMAZDA3レーシングカーが登場10周年を迎える。

(画像 MX-5 CLUB.Nl) マツダファンの中でもご存じの方が意外と多いかもしれないTOP画像のMAZDA3セダン。 このマシンが登場してから10周年を迎えた事を記念する動画が公開されています。

オランダではMX-30のロータリーレンジエクステンダー仕様が”2022年4月”に登場予定?

(画像 MAZDA) 2022年前半から順次導入予定と噂されているMX-30のロータリーマルチxEV仕様ですが、オランダではより具体的な導入時期に関する噂が出ています。

MAZDA3とCX-30の”ピュアEV・マルチxEV仕様”が出る可能性について取材している記事。

(画像 MAZDA) マイルドハイブリッドとピュアEVに加えて、ロータリーエンジンを採用したマルチxEVもデビュー予定のMX-30ですが、同じスモール群に属するMAZDA3・CX-30にピュアEVとマルチxEV仕様が出る可能性について取材している記事が出てきました。

マツダ公式HP内に「ルマン優勝30周年メモリアルサイト」がオープン。

(画像 MAZDA UK) 2021年はマツダのルマン24時間レース優勝から30周年という記念すべき年ですが、マツダ公式HP内にメモリアルサイトがオープンしました。

ロータリーエンジンを採用するMX-30 マルチxEV仕様の生産開始時期に関する情報。

(画像 MAZDA) MX-30の更なるバリエーションとして注目されている発電用ロータリーエンジンを採用するマルチxEV仕様ですが、気になる生産開始時期に関する情報が出てきました。

オートモビル カウンシル2021でマツダのルマン参戦マシン「サバンナRX-7 254」「737C」「787B」が特別展示予定。

(画像 MAZDA UK) マツダが毎年展示内容に力を入れている「AUTOMOBILE COUNCIL(オートモビルカウンシル)」 2021年の出展内容が発表され、マツダのルマン参戦マシン3台が特別展示される事が発表されました!

MX-30 マルチxEV仕様に採用されるロータリーエンジンは発電だけで無く駆動も担う形になる?

(画像 MAZDA) 来年登場予定とされているMX-30のマルチxEVモデル。 このモデルに搭載されるロータリーエンジンはこれまで発電用と言われてきましたが、駆動も担う形になるという情報が出てきました。

FD型 RX-7に関する様々な資料やデータを収録した単行本「マツダ RX-7 FDプロファイル 1991-2002」が3月発売予定。

(画像 MAZDA) 創立100周年を迎えた事もあって昨年からマツダに関する様々な本が多く出版されていますが、新たにFD型RX-7を特集した単行本が発売されるようです。

1984年のルマン24時間レースに出場した「マツダ 727C」をレストアする動きがドイツで出ています。

(画像 FANDOM) マツダ(マツダスピード)はルマン挑戦を通じて多くのマシンを導入してきましたが、ルマン挑戦の比較的初期に導入された「マツダ 727C」をレストアしようという動きがドイツで出ているようです。

ロータリーエンジン採用のMX-30 マルチxEV仕様は1月から日本でテストを開始、詳細はまもなく発表される予定との噂。

(画像 MAZDA) ”まずは”発電用としてロータリーエンジンが復活する点から大きな注目が集まっているMX-30 マルチxEV仕様。 2022年から導入予定となっていますが、プロトタイプに関して気になる情報が出てきました。

マツダオフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」で2021年3月に発売予定のモデルカーが公開。

着々とラインナップが増えてきている「MAZDA COLLECTION」のモデルカー。 (画像 MAZDA) 2月が近づいてきたタイミングで3月に発売予定のモデルカーが公開されています。

マツダ次世代ラージ群が"FRベース"である理由を深読みしてみた。

2022年に第一弾モデル登場が有力視されているマツダ次世代ラージ群。 (画像 MAZDA) 以前から気になっているこのモデルがFRベースである理由を自分なりに深読みしてみました。

発電用ロータリーエンジンを採用するマルチxEVの航続距離や搭載車種に関する噂。

まずは発電用として2022年に復活する予定となっているロータリーエンジン。 (画像 MAZDA) これを採用するマルチxEV車の航続距離や搭載車種に関する噂が出てきています。

マツダがFC/FD型RX-7の補修部品約90点を復刻、CLASSIC MAZDA内に復刻パーツサイトも開設。

今でも多くの人々に愛され続けている「RX-7」 (画像 MAZDA) マツダがNAロードスターに続いて補修部品の復刻を正式発表しました!

ロータリーファンが思い描く未来の「SKYACTIV-”R” ハイブリッド」

2022年前半に”まずは”発電用として復活予定であるロータリーエンジン。 (画像 MAZDA UK) それに続いて駆動用としての復活も期待する中で一般ユーザーが理想の”SKYACTIV-R”を思い描いています。

マツダオフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」で12月に発売予定のモデルカー一覧が公開。

マツダ創立100周年を記念して発売開始されたオフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」 (画像 MAZDA) その中ではモデルカーもラインナップされていますが、12月に発売が予定されている車種一覧が公開されています。

マツダブランドスペース大阪で開催中の「コスモスポーツ特別展示」が11月30日までに変更。

現在マツダブランドスペース大阪で開催されているコスモスポーツの特別展示。 今月初めに展示期間の延長が発表されてましたが、再び期間が変更されています。

藤原副社長がヤリスHVのOEMや発電用ロータリーエンジンに関して話している記事。

先日の2021年3月期・第2四半期決算で今後の展開に関する複数の発表がありましたが・・・。 (画像 MAZDA) これらの内容に関して藤原副社長がさらに詳しく話している記事がありました。