つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

ロータリーエンジン

発電用ロータリーエンジンを搭載したPHEV「MX-30 R-EV」の排気口の位置。

(画像 ドイツマツダ) 今月13日に欧州で正式発表されてから多くの注目を集めている発電用ロータリーエンジンを搭載したPHEV「MX-30 R-EV」ですが、今回は排気口の位置が判明したので紹介したいと思います。

「RX-VISION GT3 CONCEPT」のモデルカーが手元に届きました、MAZDA SPIRIT RACING公式アプリ会員特典も紹介。

東京オートサロン2023の開幕に合わせて発売開始された「RX-VISION GT3 CONCEPT」のモデルカーですが、本日手元に届きました。

欧州マツダ副社長が海外メディアのインタビューで「MX-30 R-EV」に搭載されたロータリーエンジンの開発について証言。

(画像 ドイツマツダ) 1月13日にワールドプレミアされてから続々と情報が出てきている発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」ですが、今回は欧州マツダ副社長が海外メディアのインタビューに答えているので紹介したいと思います。

MAZDA COLLECTIONで「RX-VISIONの1/18スケールモデルカー」発売に関する情報が公開、価格は69,500円で初回限定30台を抽選販売

(画像 MAZDA) 東京オートサロンで参考展示されていた「RX-VISIONの1/18スケールモデルカー」ですが、早くもMAZDA COLLECTIONで発売に関する情報が公開されました。

欧州で「MX-30 R-EV」のコンフィギュレーターとWEBカタログを公開した国が出てきました。

(画像 ドイツマツダ) 1月13日に欧州で正式発表されてから大きな話題となっている発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」ですが、欧州の一部地域では早速WEBカタログとコンフィギュレーターが公開されています。

MX-30 R-EVの開発担当者が海外メディアのインタビューでロータリーエンジンの改良ポイントや今後の展開について証言。

(画像 ドイツマツダ) 1月13日に正式発表されてからかなり大きな反響を呼んでいる「MX-30 R-EV」ですが、海外メディアが早速マツダの開発担当者へインタビューを行っています。

マツダが発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」を正式発表したので内容を詳しくチェック!(追記あり)

(画像 ドイツマツダ) 2023年1月13日、マツダが発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」を欧州で正式発表。 RX-8以来のロータリーエンジン搭載車となるこのモデルの内容を詳しくチェックしていきます。

オーストリアマツダは発電用ロータリーエンジン採用のPHEV「MX-30 R-EV」を今年5月に発売予定と予告。

(画像 MAZDA UK) 昨夜欧州でティザー予告が解禁された発電用ロータリーエンジン搭載のPHEV「MX-30 R-EV」 欧州各国では今年春から発売開始と案内していますが、その中でオーストリアだけは具体的な発売月を予告しています。

欧州マツダが発電用ロータリーエンジンを採用したPHEV「MX-30 R-EV」をブリュッセルモーターショーで披露する事を正式発表、これまで公開されたエンジンの情報や特許をおさらい。

(画像 MAZDA UK) 今年度中に正式発表される可能性が高まっていた発電用ロータリーエンジンですが、ついに欧州マツダから1月13日に披露する事が発表されました!

マツダの丸本社長が2023年に発売予定の新型車について明言、発電用ロータリーエンジン搭載のMX-30は3月までに投入予定で近い時期に詳細も発表。

(画像 MAZDA) 2023年も本格的に始まった感じですが、マツダの丸本社長が新年最初の記者会見で今年発売予定の新型車について明言したようです。

2023年最初のブログで今年想定されるマツダの動向を予想、ラージ商品群SUVや発電用ロータリーエンジン採用の「MX-30 R-EV」に加えて東京モーターショーも期待。

(画像 MAZDA) 新年明けましておめでとうございます! 2023年最初のブログは例年通り今年想定されるマツダの動向に関しておさらいと予想をしてみました。

2022年のマツダを振り返ってみました(特許・商標・意匠編)

(画像 IP Force.jp) 2022年もまもなく終わりますが、ここで今年ブログで取り上げた内容を「特許・商標・意匠」と「マツダ全体」に分けて振り返ってみたいと思います。 まずは「特許・商標・意匠」から・・・・。

MAZDA COLLECTIONで「RX-VISION GT3 CONCEPT」のモデルカーが2023年1月13日に発売予定。

(画像 MAZDA) ほぼ毎月モデルカーが発売されているマツダオフィシャルグッズ「MAZDA COLLECTION」ですが、来年1月に発売されるモデルカーの情報が公開されました。

ブリュッセルモーターショー2023のイベント情報が公開、発電用ロータリーエンジンを搭載した「MX-30 R-EV」発表に関する情報は?

(画像 J-PlatPat) 先月中旬頃に発電用ロータリーエンジンを搭載した「MX-30 R-EV」が年明けに開催されるブリュッセルモーターショーで正式発表される可能性が浮上しましたが、ブリュッセルモーターショーのイベント情報が公開されました。

発電用ロータリーエンジンに関係するマツダの特許出願が複数公開されました。

(画像 IP Force.jp) 今月に入ってから国内外で気になる内容が出てきているマツダの特許関連情報ですが、今週は発電用ロータリーエンジンに関する特許出願が日本で公開されました。

マツダが「中期経営計画のアップデートおよび2030年の経営方針」を正式発表、2ドアクーペのビジョンスタディモデルも初披露。

(画像 MAZDA) 本日11月22日、マツダが「中期経営計画のアップデートおよび2030年の経営方針」を発表しました。 かなり濃い中身となっているので内容をチェックしていきます。

発電用ロータリーエンジンを搭載した「MX-30 R-EV」は2023年1月に開催されるブリュッセルモーターショーで正式発表?

(画像 MAZDA) ラージ商品群と並んで2022年注目のマツダ車である発電用ロータリーエンジンを搭載した「MX-30 R-EV」ですが、2023年1月に正式発表されるという話が出てきました。

マツダファンフェスタ2022へ行ってきました! 「MAZDA3 Bio concept」や「FD RX-7レストア」を中心にコンテンツをいくつか紹介。

3年ぶりに開催された「マツダファンフェスタ」ですが、気になる内容がたくさんあったので土曜日に行ってきました。

マツダが新しい中期経営計画を11月中に発表する可能性が浮上、発電用ロータリーエンジンを搭載したMX-30 プラグインハイブリッドは来年早々に生産開始か?

(画像 MAZDA) ラージ商品群の市場導入が始まったことで次の時代への動きが本格化しつつあるマツダですが、新しい中期経営計画が11月中に発表される可能性が出てきました。

2020年に出願公開されていた「駆動用ロータリーエンジン」と思われるマツダの特許が3件登録されました。

(画像 IP Force.jp) 今年中にも発電用として復活する見込みとなっているマツダのロータリーエンジンですが、2020年に出願公開されていた駆動用ロータリーエンジンに関する内容3件が無事に登録された事が分かりました。

2021年に日本で出願公開されていた「アルミ製スペースフレームを採用したスポーツカー」に関するマツダの特許が米国で登録されました。

(画像 IP Force.jp) 2021年に公開されて大きな反響があった「アルミ製スペースフレームを採用したスポーツカー」に関するマツダの特許出願ですが、この特許が米国で無事に登録された事が分かりました。

世界に1台だけ存在する「左ハンドルのRX-7 スピリットR」

2002年に生産終了したマツダのピュアスポーツ「RX-7」ですが、今回は最後に発売された限定車"スピリット R"で1台だけ存在する左ハンドル車を紹介したいと思います。

マツダが「FD型 RX-7」のレストアプログラムを開始予定、マツダファンフェスタ2022でレストア中の車両展示とプログラム紹介も実施へ。

11月5日・6日に岡山で開催される「MAZDA FAN FESTA 2022 IN OKAYAMA」ですが、本日公開されたイベントコンテンツでかなり気になる内容が公開されています。

マツダが発電用ロータリーエンジンに関係すると思われる商標3つをオーストラリアでも出願。

(画像 商標Watch) 早ければ今年秋にも発表される可能性が出てきている発電用ロータリーエンジンを搭載したMX-30ですが、このモデルに関係すると思われる商標が日本に続いてオーストラリアでも出願された事が分かりました。

長安マツダが2023年以降の商品計画を公表した可能性が浮上、CX-50に加えてCX-90も導入予定?

「ラージ商品群技術試作車 (画像 MAZDA)」 先日、長安マツダがCX-50を導入する噂について取り上げましたが、さらに2023年以降の商品計画についても公表した可能性が出てきました。

マツダブランドスペース大阪で「CX-60 "Exclusive Mode"」の実車をチェックしてきました。

いつもお世話になっているマツダブランドスペース大阪ではついに今週からCX-60の実写展示が開始されていますが、ちょうど時間があったので早速チェックしてきました。

2019~2020年に公開されていた「インホイールモーターを採用したFRベースのハイブリッド車」に関するマツダの特許出願が2件登録されました。

(画像 IP Force.jp) 2019年頃からインホイールモーターやトランスアクスルに関するマツダの特許出願が複数公開されていましたが、新たに2件登録された事が分かりました。

欧州マツダの関係者がMX-30 e-SKYACTIV REVの"REV"は「ROTARY ELECTRIC VEHICLE」の意味と証言。

(画像 商標Watch) 今年度後半に発表される可能性が有力視されている発電用ロータリーエンジンを採用した「MX-30 REV」ですが、欧州マツダの関係者が"REV"の意味について証言しています。

マツダブランドスペース大阪で実施されている「RX-7 スピリットR(タイプA)」の特別展示をチェックしてきました、マツダ百年史の正史編/図鑑編も紹介。

いつもお世話になっているマツダブランドスペース大阪で現在実施されている「RX-7 スピリットR(タイプA)」の特別展示。 CX-60先行内見会の後にチェックしてきました。

今週新たに公開されたマツダが出願中の特許(2022.7.9)

(画像 IP Force) 今週新たに公開されたマツダが出願中の特許は22件。 その中から気になった内容を取り上げます。