つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

アジアのマツダ

オーストラリアマツダがCX-30 2022年モデルの情報を公開、プラチナクォーツメタリック設定に加えて新グレード「SP」にはバーガンディレッド内装を採用。

(画像 オーストラリアマツダ) すでに現地メディアを通じて2022年モデルに関する一部情報が出ていたオーストラリア向けのMAZDA3/CX-30ですが、オーストラリアマツダが一足先にCX-30 2022年モデルの情報を公開しています。

フィリピンマツダがMAZDA3/CX-30の2022年モデルを発表、プラチナクォーツメタリックに加えてM-ハイブリッド仕様も新設定。

(画像 フィリピンマツダ) ギリシャとフランスで一部情報が公開されたMAZDA3/CX-30の2022年モデル(2021年商品改良モデル)ですが、続いてフィリピンでも情報が公開されています。

オーストラリアマツダの関係者が「現行CX-5・CX-8・CX-9はラージ商品群SUV導入後も販売をしばらく継続する」と証言。

(画像 オーストラリアマツダ) ラージ商品群のSUVが4車種発表された事で現在販売されている「CX-5・CX-8・CX-9」の今後が気になるところですが、これに関してオーストラリアマツダの関係者が現地メディアの取材で証言しています。

オーストラリアマツダ担当者がMAZDA2とCX-3の今後について証言。

(画像 MAZDA) マツダのコンパクトカーラインナップであるMAZDA2とCX-3。 次期型や後継モデルに関して確たる情報が中々出てこないこの2車種ですが、オーストラリアマツダの担当者が今後について証言しています。

新たにMX-30開発主査に就任された上藤和佳子さんが海外メディアの取材に答えています。

(画像 NetCarShow.com) MX-30の開発主査は今年春まで竹内都美子さんが担当されていましたが、新たに開発主査に就任された上藤和佳子さんが海外メディアの取材に答えています。

長安マツダが「CX-30 EV」を発売開始、3つのグレード設定で価格はおおよそ16万元から。

(画像 長安マツダ) 9月26日から発売開始と伝えられていた中国市場専用モデル「CX-30 EV」ですが、情報通り本日から発売が開始されました。

中国市場専用モデル「CX-30 EV」は9月26日に発売開始されるとの情報、ボンネット内部の"モータールーム"の画像も。

(画像 長安マツダ) 試乗インプレッション動画が解禁されたのに加えて販売店に実車も届き始めている中国市場専用モデル「CX-30 EV」 ついに9月26日に発売開始されるという情報が現地で報じられています。

オーストラリアマツダがMAZDA2 2022年モデルの情報を一部公開、プラチナクォーツメタリック追加や新グレード「Pure SP」を設定。

(画像 CarExpert) 9月に入ってから続々と2022年モデルを発表してるオーストラリアマツダがさらにMAZDA2 2022年モデルの情報も一部公開しました。

オーストラリアマツダがBT-50 2022年モデルの情報を一部公開、新グレード「GT SP」登場に加えて1.9Lディーゼルエンジンも新設定。

(画像 CarExpert) 昨年に発売されてから発売されていない日本でも大きな注目を集めている新型BT-50ですが、オーストラリアマツダが2022年モデルの情報を一部公開しました。

CX-5 2022年モデルのデザインを参考にして制作された来年登場予定のマツダ新型SUVの予想イラスト。

(画像 MAZDA EUROPE) (TOP画像は正式発表されたばかりのCX-5 2022年モデル) 先日公開されたCX-5 2022年モデル(2021年商品改良モデル)に続いて来年も新型SUV登場が見込まれるマツダですが、オーストラリアメディアが来年登場が見込まれる新型SUVの予想イ…

中国市場専用モデル「CX-30 EVモデル」の試乗インプレッション動画や記事が出てきました。

(画像 k.cina.com) 中国市場専用モデルとして今年春に公開され、いよいよ販売が本格化するCX-30 EVモデル。 現地では試乗インプレッション動画が公開され、実車が届いてる販売店も出てきました。

カナダとオーストラリアでもCX-5 2022年モデルが正式発表、現時点で北米とそれ以外の地域における設定の違いもおさらい。

(画像 MAZDA USA) 米国と欧州で情報解禁されたCX-5 2022年モデル(2021年モデル)ですが、続いてカナダとオーストラリアでも正式発表されました。 現時点で北米とそれ以外の地域における仕様の違いもおさらいしたいと思います。

オーストラリアと台湾でCX-3 2022年モデル(2021年商品改良モデル)が発表、プラチナクォーツメタリック追加やマツダコネクト用ディスプレイ8インチ化という情報も。

(画像 オーストラリアマツダ) 今年後半に商品改良が実施されるという噂が出ていたCX-3ですが、ついにオーストラリアで2022年モデルの情報が解禁されました。 現時点で確認できる内容をチェックしていきたいと思います。

CX-5 2021年商品改良モデル(2022年モデル)の実車と思われる画像が中国でリークされました(ネタバレ要素強めなのでご注意を)

(画像 MAZDA) (TOP画像は従来型のCX-5) 国内で今年後半にかけて商品改良が予告開始されているCX-5ですが、商品改良モデルの実車と思われる写真が中国でリークされています。

オーストラリア向けMAZDA3・CX-30の2022年モデルに関する情報、新設定グレードは日本で噂が出ている「Black Tone Edition」と同じ仕様?

(画像 DRIVE) 日本でも今年後半にかけて商品改良の噂が浮上しているMAZDA3/CX-30ですが、オーストラリアでは新しいモデルイヤーとなる”2022年モデル”の詳細情報が出てきています。

開催延期が発表されていた成都モーターショーが8月29日から開催との情報、中国向けCX-30 EVモデルの発売開始も正式発表予定。

(画像 長安マツダ) 新型コロナウイルス感染再拡大の影響から開催延期が発表されていた中国・成都モーターショーですが、8月29日から開催されるとの情報が出てきました。

マツダ・長安汽車・中国一汽が新たな共同声明を発表、中国におけるマツダの事業は実質的に3社共同出資の合弁会社「(新)長安マツダ」へ統一。

(画像 一汽マツダ) 本日、マツダから「長安マツダ汽車有限公司の増資プロジェクトに関する共同声明について」というニュースリリースが発表されました。 以前から様々な憶測が出ていた中国での事業に関する内容なのでチェックしていきます。

オーストラリア向けのMAZDA3 2022年モデルはMT車の設定が減少するとの情報。

(画像 NetCarShow.com) 2021年後半に向けて国内外で徐々に2022年モデルの発表や商品改良の噂が出てきていますが、オーストラリアではMAZDA3 2022年モデルについて気になる情報が浮上しています。

2021年にオーストラリアでこれまで販売されたマツダ車のMT選択割合に関する記事。

(画像 NetCarShow.com) 日本国内では他メーカーに比べてMT車の設定が多い事で有名なマツダですが、主要地域の一つであるオーストラリアにおける2021年販売実績を取り上げている記事がありました。

中国向けCX-30 EVモデルの発売開始が発表される場として有力だった成都モーターショーが開催延期に。

(画像 長安マツダ) 4月に正式発表された中国市場専用車「CX-30 EVモデル」 発売開始が発表される場として今月開催予定の成都モーターショーが有力視されていましたが開催延期になったようです。

マツダが「2022年3月期 第1四半期決算」を発表、北米を中心に販売台数が大幅改善。

(画像 MAZDA) 本日、マツダが「2022年3月期 第1四半期決算」を発表。 いつもと同様にプレゼン資料が公開されているのでチェックしていきます。

オーストラリアマツダ関係者が「右ハンドルのMAZDA3ターボモデル導入の可能性」や「ラージ群モデル」について証言

(画像 MAZDA USA) 昨年北米で発表されたから大きな反響を得ている「MAZDA3 2.5ターボモデル」ですが、以前から導入を熱望しているオーストラリアマツダの関係者が現地メディアの取材で進歩状況を中心に語っています。

海外で「MAZDA3 TCRのレプリカボディキット」を制作しようとしているユーザーさんが出現。

(画像 NetCarShow.com) 2019年に発表されて大きな反響を得た「MAZDA3 TCR」 このモデルのレプリカボディキット開発へ動いているユーザーさんがいたので取り上げたいと思います。

海外で「マツダのロータリーマルチxEVはシリーズハイブリッドとプラグインハイブリッドが登場、レンジエクステンダーは未定」という報道が浮上。

(画像 MAZDA) 少し前にマツダのロータリーマルチxEVを元に登場する電動車両の種類が変更されるという噂を取り上げましたが、海外でも似たような情報が出てきています。

タイランドマツダが2021年後半に新しい乗用車とSUVを導入すると予告、ただし新型車では無く商品改良の可能性も。

(画像 MAZDA) 2021年後半のマツダもどのような動きがあるのか楽しみですが、早速タイランドマツダが2021年後半に導入予定の車種について発表しています。 (画像はMAZDA3セダンのデザインスケッチ)

中国における一汽マツダと長安マツダの事業統合は今年末までに完了するとの噂が浮上。

(画像 MAZDA) 今年4月、中国におけるマツダの合弁会社「一汽マツダ」の事業がもう一つの合弁企業「長安マツダ」へ統合されるという噂を取り上げましたが、現地ではまた新たな噂が浮上しています。 (TOP画像は一汽マツダが生産・販売を担当してきたCX-4)

マツダのラージ群アーキテクチャーを元に登場するモデルはSUVの優先度が高い可能性。

(画像 MAZDA) 2022年から導入開始予定で期待度が高まっているマツダのラージ群モデルですが、このアーキテクチャーをベースに登場するモデルに関する話題が出てきています。

オーストラリア向けのMAZDA3・CX-30は今年後半に”マイナーモデルアップグレード”が行われるとの情報。

(画像 NetCarShow.com) 日本では4月に一部改良が実施されたMAZDA3・CX-30ですが、オーストラリア向けの車両でも改良の噂が浮上しています。

海外メディアがラージ群モデルやCX-5を中心とするマツダの今後に関する噂を報じています。

(画像 MAZDA) 次世代に向けた動きが少しずつ本格化し始めてるように見えるマツダですが、オーストラリアメディアがラージ群モデルを中心に気になる内容を報じています。

中国向けのCX-30 EVモデルは8月に開幕する成都モーターショーで正式に発売開始されるとの情報。

(画像 長安マツダ) 4月に中国で正式発表されたCX-30 EVモデルですが、現地では発売開始時期に関する情報が出てきています。