つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

アジアのマツダ

オーストラリアマツダが公開した「CX-90」公式画像の中に含まれている"謎の直6エンジン"

(画像 オーストラリアマツダ) 先日ワールドプレミアされてから大きな話題となっているマツダのラージ商品群第2弾「CX-90」ですが、オーストラリアマツダが公開した公式画像の中に"謎の直6エンジン"がありました。

オーストラリアマツダが「MAZDA2 2023年モデル」を正式発表、上位グレードは日本仕様に無いブラック塗装仕様の16インチアルミを採用か?

(画像 オーストラリアマツダ) エクステリアデザインの変更も含めた大幅商品改良が日本で正式発表された「MAZDA2」ですが、オーストラリアマツダも同じモデルを2023年モデルとして正式発表しました。

プラチナクォーツメタリックのCX-5でボディ同色仕様が中国に存在していました。

(画像 長安マツダ) 世界で唯一CX-5にプラチナクォーツメタリックが設定されている中国ですが、現地ではさらにボディ同色仕様も存在しているようです。

台湾マツダが「MX-5(ロードスター)」と「CX-5」の商品改良モデルを正式発表、MX-5はレカロシートやネイビーのソフトトップを採用した新グレード"RS"が登場。

(画像 台湾マツダ) 日本や欧米で2023年モデル(2022年商品改良モデル)が発売開始されている「MX-5(ロードスター)」と「CX-5」ですが、台湾でも商品改良モデルとして正式発表されました。

オーストラリアマツダがBT-50の新しい特別仕様車「XTR "LE"」を発表。

(画像 オーストラリアマツダ) 2020年に発表された新型も変わらぬ人気を集めているマツダの海外向けピックアップ「BT-50」ですが、オーストラリアで新しい特別仕様車が発売されるようです。

マツダが今年の上海モーターショーで「新たな中国市場専用EVモデルの導入」を発表する可能性が浮上。

「2021年から中国で販売されている"CX-30 EV" (画像 長安マツダ)」 年末年始にかけて開催されている広州モーターショーで「CX-50 中国仕様」の実車を初展示したマツダ(長安マツダ)ですが、今年はさらに中国市場専用のEVモデルを発表する可能性が出てきまし…

広州モーターショーのマツダブースに展示されている「CX-50 中国仕様」の実車画像・動画を紹介。

「CX-50 中国仕様 (画像 長安マツダ)」 今月15日にオンラインを通じて正式発表された「CX-50 中国仕様」ですが、先日取り上げた情報通り年末年始にかけて開催される広州モーターショーで展示されます。

「CX-50 中国仕様」の実車は年末年始に開催予定の広州モーターショーで一般公開される?

(画像 長安マツダ) 今月15日にオンラインを通じて正式発表された「CX-50 中国仕様」ですが、年末年始に開催される広州モーターショーで初めて実車展示が行われる可能性が出てきました。

マツダの執行役員が「MAZDA2の今後」についてコメント、日本と欧州では現行モデルについて気になる案内も。

(画像 MAZDA UK) 2014年に現行モデルが登場して8年が経過したものの次期型に関する話が中々出てこない「MAZDA2」ですが、マツダの執行役員がメディアの取材で今後についてコメントされています。

マツダがラージ商品群SUV「CX-90」を2023年後半に中国市場にも投入へ。

「CX-90 北米仕様 (画像 MAZDA USA)」 来年1月にワールドプレミア予定となっているマツダのラージ商品群SUV「CX-90」ですが、マツダが2023年後半に中国市場にも投入する方針を明らかにしたようです。

長安マツダが「CX-50 中国仕様」を正式発表したので現時点で確認できる北米仕様との違いを紹介(追記あり)

(画像 長安マツダ) 以前から北米に続いて中国にも導入される報道が出ていたマツダの新型SUV「CX-50」ですが、事前情報通り本日12月15日に中国で正式発表されました。

インドネシアマツダは2023年に5つの新型モデルを導入予定と公表、現地では半導体不足の影響でCX-3の納期が約1年との情報も。

来年以降の商品計画に関する話題が出てきているマツダですが、インドネシアマツダの関係者が現況と来年の計画について現地メディアへ証言しています。

欧州とオーストラリアでも「MAZDA6 2023年モデル」が正式発表、オーストラリア向けの20周年記念車はSKYACTIV-G 2.5ターボを搭載。

(画像 ドイツマツダ) 昨日日本で正式発表された「MAZDA6 2022年商品改良」ですが、欧州とオーストラリアでも"2023年モデル"として正式発表されました。

中国向けのCX-50は12月15日に正式発表される?

「CX-50 北米仕様 (画像 MAZDA USA)」 北中南米に続いて中国にも導入される可能性が高まっているマツダの新型SUV「CX-50」ですが、中国における正式発表の日時に関する情報が出てきました。

次期ロードスター(MX-5)の発売時期は欧州の次期排ガス規制"ユーロ7"の開始予定時期と大きく関係する可能性も?

先日「2026年頃の公開に向けてMX-5(ロードスター)を開発している」というマツダの関係者の証言が掲載されているオーストラリアメディアの記事を取り上げましたが、2026年頃の理由について触れてる記事が新たに出てきました。

中国国内でCX-50と思われるテスト車両が目撃されました、中国での生産開始は2023年4月?

(画像 MAZDA USA) 今月中にも中国市場への導入が正式発表される可能性が高まっている「CX-50」ですが、中国国内でCX-50と思われるテスト車両がスクープされました。

マツダが"MAZDA SPIRIT RACING"の純正アクセサリーや高性能モデルの可能性について調査・検討しているとの情報。

スーパー耐久シリーズ参戦に合わせて誕生したマツダの新しいワークスチーム「MAZDA SPIRIT RACING」ですが、これを基にした純正アクセサリーや高性能モデルの可能性についても調査・検討しているという情報が出てきました。

マツダの関係者が「MAZDA6の次期型・後継モデルが出る可能性」や「ビジョンスタディモデル」等について証言、ロードスターは2026年頃の公開に向けて開発中?

「ビジョンスタディモデル (画像 MAZDA)」 オーストラリアではCX-60の価格やグレード構成に関する情報が解禁されましたが、現地ではこのタイミングに合わせてマツダの将来についても取材した記事が複数出てきました。

CX-60オーストラリア仕様の価格やグレード構成が発表されたので詳しくチェック、初登場の直6ガソリンターボエンジンは"e-SKYACTIV G 3.3"

(画像 オーストラリアマツダ) 10月に一部情報が公開されていたオーストラリア向けのCX-60ですが、現地で注文受付が開始された事に合わせて価格やグレード構成も明らかになりました。

マツダが「中期経営計画のアップデートおよび2030年の経営方針」を正式発表、2ドアクーペのビジョンスタディモデルも初披露。

(画像 MAZDA) 本日11月22日、マツダが「中期経営計画のアップデートおよび2030年の経営方針」を発表しました。 かなり濃い中身となっているので内容をチェックしていきます。

中国向けの「CX-50」は12月に開催されるイベントで正式発表との噂。

(画像 MAZDA USA) 北米に続いて中国にも導入される可能性が高まっているマツダの新型SUV「CX-50」ですが、中国では12月に正式発表される可能性が出てきています。

オーストラリアマツダもラージ商品群SUV「CX-90」導入を正式発表、アーティザンレッドプレミアムメタリックは大型プラットフォーム車のために開発されたとの説明も。

(画像 オーストラリアマツダ) 北米で先行ティザーが解禁されたマツダのラージ商品群SUV第2弾モデル「CX-90」ですが、マツダにとって重要度の高いオーストラリアマツダも導入を正式発表しました。

インドネシアマツダが「CX-60 直6エンジン搭載モデル」を来年導入する事を証言、排気量は3.0リッターでマイルドハイブリッド付き?

欧州と日本で販売開始されているマツダのラージ商品群第一弾「CX-60」ですが、インドネシアには直6エンジン搭載モデルが導入されるようです。

オーストラリア向けのCX-5 2023年モデルに関する情報、全グレード新世代マツダコネクトが標準装備になる一方でMT車は廃止か?

(画像 MAZDA) 日本や北米で2023年モデル(2022年商品改良モデル)が発表されているCX-5ですが、オーストラリアでも2023年モデルに関する情報が出てきました。

オーストラリアマツダが「MX-5(ロードスター)2023年モデル」の情報を公開、新たに設定されたジルコンサンドメタリックのイメージ画像も。

(画像 オーストラリアマツダ) 8月頃から国内外で商品改良の噂が出てきていた「ロードスター(MX-5)」ですが、オーストラリアマツダが2023年モデルの情報を公開しました。

CX-60オーストラリア仕様に搭載される直6ガソリンターボエンジンの排気量は「3.3リッター」との事、日本と欧州向けに追加される可能性は?

CX-60オーストラリア仕様に「直6ガソリンターボエンジン搭載モデル」も用意されることを前回のブログで取り上げましたが、さらに排気量や日本・欧州仕様に追加される可能性について触れてる記事が出てきました。

オーストラリア仕様のCX-60には「直6ガソリンターボエンジン搭載モデル」も設定される事が明らかに、一部スペックも公開。

(画像 オーストラリアマツダ) 日本と欧州に続いてオーストラリアでも販売される予定となっているCX-60ですが、オーストラリア仕様では直6ガソリンターボエンジン搭載モデルが設定されるようです。

オーストラリアの自動車メディアがマツダのラージ商品群SUV「CX-90」の予想イラストを公開。

(画像 MAZDA) 2022年度内に生産開始予定と公表されているマツダのラージ商品群SUV「CX-90」ですが、オーストラリアメディアが予想イラストを新たに公開しています。

中国新聞も「マツダがCX-50を中国でも販売する方針を固めた」と報道。

「CX-50北米仕様 (画像 カナダマツダ)」 少し前から北米に続いて中国でも販売される噂が浮上していたマツダの新型SUV「CX-50」ですが、中国新聞も同じ内容の記事を掲載しました。

マツダが発電用ロータリーエンジンに関係すると思われる商標3つをオーストラリアでも出願。

(画像 商標Watch) 早ければ今年秋にも発表される可能性が出てきている発電用ロータリーエンジンを搭載したMX-30ですが、このモデルに関係すると思われる商標が日本に続いてオーストラリアでも出願された事が分かりました。