つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

アジアのマツダ

海外で「MAZDA3 TCRのレプリカボディキット」を制作しようとしているユーザーさんが出現。

(画像 NetCarShow.com) 2019年に発表されて大きな反響を得た「MAZDA3 TCR」 このモデルのレプリカボディキット開発へ動いているユーザーさんがいたので取り上げたいと思います。

海外で「マツダのロータリーマルチxEVはシリーズハイブリッドとプラグインハイブリッドが登場、レンジエクステンダーは未定」という報道が浮上。

(画像 MAZDA) 少し前にマツダのロータリーマルチxEVを元に登場する電動車両の種類が変更されるという噂を取り上げましたが、海外でも似たような情報が出てきています。

タイランドマツダが2021年後半に新しい乗用車とSUVを導入すると予告、ただし新型車では無く商品改良の可能性も。

(画像 MAZDA) 2021年後半のマツダもどのような動きがあるのか楽しみですが、早速タイランドマツダが2021年後半に導入予定の車種について発表しています。 (画像はMAZDA3セダンのデザインスケッチ)

中国における一汽マツダと長安マツダの事業統合は今年末までに完了するとの噂が浮上。

(画像 MAZDA) 今年4月、中国におけるマツダの合弁会社「一汽マツダ」の事業がもう一つの合弁企業「長安マツダ」へ統合されるという噂を取り上げましたが、現地ではまた新たな噂が浮上しています。 (TOP画像は一汽マツダが生産・販売を担当してきたCX-4)

マツダのラージ群アーキテクチャーを元に登場するモデルはSUVの優先度が高い可能性。

(画像 MAZDA) 2022年から導入開始予定で期待度が高まっているマツダのラージ群モデルですが、このアーキテクチャーをベースに登場するモデルに関する話題が出てきています。

オーストラリア向けのMAZDA3・CX-30は今年後半に”マイナーモデルアップグレード”が行われるとの情報。

(画像 NetCarShow.com) 日本では4月に一部改良が実施されたMAZDA3・CX-30ですが、オーストラリア向けの車両でも改良の噂が浮上しています。

海外メディアがラージ群モデルやCX-5を中心とするマツダの今後に関する噂を報じています。

(画像 MAZDA) 次世代に向けた動きが少しずつ本格化し始めてるように見えるマツダですが、オーストラリアメディアがラージ群モデルを中心に気になる内容を報じています。

中国向けのCX-30 EVモデルは8月に開幕する成都モーターショーで正式に発売開始されるとの情報。

(画像 長安マツダ) 4月に中国で正式発表されたCX-30 EVモデルですが、現地では発売開始時期に関する情報が出てきています。

海外で浮上している次期MAZDA2の生産開始時期に関する噂。

(画像 MAZDA UK) 現行モデルが発売開始されてからまもなく7年が経過するMAZDA2ですが、海外では次期型に関して気になる噂が浮上しています。

中国で発売予定のCX-30 EVモデルのスペックや装備に関する情報。

(画像 太平洋汽車) 4月に発表されたから少しずつ情報が出ている中国向けのCX-30 EVモデルですが、今回は車両スペックや装備に関する情報が出てきています。

マツダが「2021年3月期決算」「代表取締役および役員の異動」「組織改革と人事異動」を発表しました。

(画像 MAZDA) 本日5月14日、マツダが「2021年3月期決算」「代表取締役および役員の異動」「組織改革と人事異動」を同時発表したのでチェックしたいと思います。

CX-30 EVモデルに装備されているバッテリーやセンサー類のより詳細な画像。

(画像 中国マツダ) 先月中国で正式発表された「CX-30 EVモデル」 中国市場専用となるこのモデルのより詳細な画像があったので取り上げてみます。

オーストラリアマツダがMX-30 EVモデルの予約受付を公式HPで開始、初回は100台限定。

(画像 オーストラリアマツダ) 4月にMX-30 マイルドハイブリッド仕様の詳細を発表したオーストラリアマツダですが、これに続いてEVモデルの詳細を発表すると同時に予約受付も開始しました。

フィリピンで販売されている”2代目BT-50”の特別仕様車「Pangolin Edition」

(画像 フィリピンマツダ) 新型モデル(3代目)が昨年10月にオーストラリアから発売開始されたものの、まだ一部地域では従来モデルの販売が続いているBT-50。 その中で今回はフィリピンで販売されている2代目モデルの特別仕様車を取り上げます。

ベトナムマツダがCX-3とCX-30発売を正式発表、CX-30にはベトナム仕様独自のエアロも装備。

(画像 MAZDA) 先日、ベトナムでCX-3とCX-30がまもなく導入されるという情報を取り上げましたが、ベトナムマツダが両モデル発売を正式発表しました。

「白色のCX-30 EVコンセプト」を中心に上海モーターショー2021のマツダブースをチェック。

(画像 長安マツダ) 4月17日に中国で正式発表された「CX-30 EVコンセプト」 初披露イベントではボディカラーが青色の車両が展示されましたが、今日から開催される上海モーターショーのマツダブースには白色の車両が展示されています。

長安マツダが「CX-30 EV コンセプト」と「CX-5特別仕様車”黒騎士”」を正式発表しました!

(画像 k.sina.com) これまで取り上げていた情報通り、長安マツダが「CX-5特別仕様車”黒騎士”」と新エネルギーモデルと位置付ける「CX-30 EV コンセプト」を発表しました。 現時点で発表されている情報を元に出来る限り詳しくチェックしていきたいと思います。

上海モーターショー2021の会場に運ばれて来た中国向け新型EVの実車画像。

(画像 Weibo) まもなく実車披露される予定の「中国向け新型EV」 そんな中、上海モーターショー2021の会場に運ばれて来た実車の画像が出てきました。

長安マツダが中国向け新型SUVと思われる予告画像を公開。

(画像 Weibo) 上海モーターショー2021開幕直前にCX-5の特別仕様車と”新エネルギーモデル(中国向け新型EV)”を発表する予定の中国マツダ。 その中で中国向け新型SUVと思われる予告画像が公開されています。

CX-3とCX-30が4月末から5月上旬にベトナムで発売開始されるとの情報。

(画像 MAZDA) マツダのコンパクトSUVであるCX-3とCX-30。 この2つのモデルがベトナム市場にもまもなく導入されるという情報が出てきました。

中国マツダがCX-5の特別仕様車と”新エネルギーモデル”を上海モーターショー2021開幕直前の4月17日に同時発表する?

(画像 MAZDA) 今月19日から開幕する上海モーターショー2021におけるマツダの出展情報をいくつか取り上げましたが、さらに気になる情報が出てきています。 (TOP画像はCX-4のイメージイラスト)

上海モーターショー2021でCX-5の特別仕様車「黑化版(ブラックバージョン)」が披露予定。

(画像 k.sina.com) 各地域向けのCX-5 2021年モデル(2020年商品改良車)に設定されている黒を基調とした特別仕様車。 中国でも独自装備を備えた形で発表されるようです。

中国で一汽マツダが合弁事業を終了させて長安マツダへ統合されるとの噂が浮上。

(画像 NetCarShow.com) マツダの中国合弁企業である一汽マツダが事業を終了させ、もう一つの合弁企業である長安マツダへ統合されるという噂が現地で浮上しています。

MAZDA3とCX-30の”ピュアEV・マルチxEV仕様”が出る可能性について取材している記事。

(画像 MAZDA) マイルドハイブリッドとピュアEVに加えて、ロータリーエンジンを採用したマルチxEVもデビュー予定のMX-30ですが、同じスモール群に属するMAZDA3・CX-30にピュアEVとマルチxEV仕様が出る可能性について取材している記事が出てきました。

MAZDA3がベトナムで「Car of the year 2021」を受賞しました!

(画像 ベトナムマツダ) 各国で自動車に関する賞レースの結果が発表されていますが、新たにベトナムから朗報が届いています。

マツダが”2代目BT-50”の生産を3月31日で終了、約90年に渡る商用車生産の歴史に幕を下ろす。

(画像 MAZDA) 新型導入後もしばらく続けられてきた”2代目BT-50”の生産がついに3月31日で終了。 これでマツダは国内外共に商用車生産を終了した事になります。

オーストラリアマツダがMX-30 マイルドハイブリッド仕様の詳細を発表しました。

(画像 オーストラリアマツダ) 昨年末にMX-30導入を正式発表したオーストラリアマツダが一足先にマイルドハイブリッド(M-ハイブリッド)仕様の詳細を発表しています。

インドネシアマツダがCX-3 2021年モデルを発表、SKYACTIV-G 1.5搭載モデルを新設定。

(画像 インドネシアマツダ) 事前情報の通り、インドネシアマツダが3月29日にCX-3 2021年モデルを発表しました。

オーストラリアマツダが新型BT-50のフラッグシップモデル「Thunder」を発表。

(画像 motoring.au) オーストラリアマツダが新型BT-50のより高性能なグレード「Thunder」を発表しました。

インドネシアマツダが3月29日に新たな発表を行う予定、CX-3 SKYACTIV-G 1.5搭載モデルが有力?

(画像 インドネシアマツダ) インドネシアマツダが3月29日(現地時間)に新たな発表を行う事を予告開始しています。