つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

BT-50

オーストラリアで「BT-50 2024年モデル」の情報が公開、4×4モデルにラフテレインモードを追加。

(画像 オーストラリアマツダ) 2020年から現行モデルが販売されているマツダの海外向けピックアップ「BT-50」ですが、オーストラリアで2024年モデルの情報が公開されています。

「タイランド・カー・オブ・ザ・イヤー2024」でマツダの6車種が部門TOPに選出されました。

(画像 タイランドマツダ) 毎年この時期は各国で自動車関連の賞が発表されていますが、タイで発表されたカーオブザイヤーで多くのマツダ車がTOP選出されています。

ニュージーランドと南アフリカで「BT-50」の販売が終了へ。

(画像 オーストラリアマツダ) オーストラリアを中心とする海外で販売されているマツダのピックアップトラック「BT-50」ですが、一部の国で販売終了の話が出てきています。

メキシコマツダCEOが2024年導入の新型車について明言、「CX-70」は4月発売で「BT-50」も年末までに導入予定。

BT-50 オーストラリア仕様 (画像 オーストラリアマツダ) 年明けから早くも様々な発表があったマツダですが、メキシコにおける商品計画に関する話題が出てきています。

メキシコマツダの関係者が「BT-50」の導入を明言、さらに「2.0リッターエンジン搭載のMAZDA2」が登場する可能性も?

画像はオーストラリア仕様 (画像 オーストラリアマツダ) 米国やカナダと同様に北米マツダの管轄地域に含まれているメキシコ市場ですが、今後の商品計画について気になる情報が出てきています。

現行BT-50は2030年頃まで製造・販売される計画か? 次期型でトヨタ・ハイラックスベースに変わる可能性を推測するメディアも。

(画像 オーストラリアマツダ) オーストラリアを中心とする海外で販売されているマツダのピックアップトラック「BT-50」ですが、今後に関して取り上げてる記事が出てきています。

2023年後半に想定されるマツダ車の動向をまとめてみました(商品改良・新型モデル中心)

(画像 MAZDA) ここ最近様々な動きが出てきているマツダ車ですが、今年後半に想定される動向をまとめてみました。

オーストラリアマツダが「BT-50」の新しいパッケージオプション"Pro"を発表、サスペンションキットを中心にオフロード性能をUPさせるパーツを用意。

(画像 CarExpert) 2020年に発表された現行モデルも変わらぬ人気を集めているマツダの海外向けピックアップ「BT-50」ですが、オーストラリアマツダが新しいパッケージオプションを発表しています。

オーストラリアマツダがBT-50の新しい特別仕様車「XTR "LE"」を発表。

(画像 オーストラリアマツダ) 2020年に発表された新型も変わらぬ人気を集めているマツダの海外向けピックアップ「BT-50」ですが、オーストラリアで新しい特別仕様車が発売されるようです。

オーストラリアマツダが新型BT‐50用に車内がパブになっているトレーラーを制作、メルボルンからブリスベンへ向かうツアーイベントを実施。

(画像 オーストラリアマツダ) オーストラリアを中心に海外市場で販売されているマツダのピックアップトラック「BT-50」ですが、オーストラリアマツダがイベント用に車内がパブになっているトレーラーを制作したようです。

マレーシアマツダが11月29日発表を予告していた2車種は「新型BT-50」と「CX-9 "IGNITE EDITION"」

(画像 マレーシアマツダ) 先日マレーシアマツダが新たに導入する2車種を11月29日に発表する事を取り上げましたが、その2車種が明らかになりました。

マレーシアマツダが新たに導入する2車種を11月29日に発表へ、新型BT-50とMX-30が有力か?

(画像 マレーシアマツダ) 2021年後半からグローバルで新型車や商品改良モデルを続々と発表しているマツダですが、マレーシアマツダも新たに導入する2車種を発表すると予告開始しています。

オーストラリアマツダがBT-50 2022年モデルの情報を一部公開、新グレード「GT SP」登場に加えて1.9Lディーゼルエンジンも新設定。

(画像 CarExpert) 昨年に発売されてから発売されていない日本でも大きな注目を集めている新型BT-50ですが、オーストラリアマツダが2022年モデルの情報を一部公開しました。

南アフリカマツダが新型BT-50導入を正式発表、7月15日にオンラインで披露予定。

(画像 オーストラリアマツダ) 昨年10月のオーストラリアを皮切りに導入地域を広げている新型BT-50。 続いて南アフリカマツダも導入を正式発表しました。

フィリピンで販売されている”2代目BT-50”の特別仕様車「Pangolin Edition」

(画像 フィリピンマツダ) 新型モデル(3代目)が昨年10月にオーストラリアから発売開始されたものの、まだ一部地域では従来モデルの販売が続いているBT-50。 その中で今回はフィリピンで販売されている2代目モデルの特別仕様車を取り上げます。

マツダ本社ロビーに「787B」と「新型BT-50」が展示されてるとの情報。

(画像 MAZDA) 広島のマツダ本社ビル1階にあるロビー。 このスペースには常時マツダ車が展示されていますが、現在の展示車両がかなり魅力的なようです。

オーストラリアマツダが新型BT-50のフラッグシップモデル「Thunder」を発表。

(画像 motoring.au) オーストラリアマツダが新型BT-50のより高性能なグレード「Thunder」を発表しました。

新型BT-50のよりスペシャルなモデルが2021年に登場する可能性。

(画像 オーストラリアマツダ) オーストラリアとタイで販売開始されている新型BT-50ですが、オーストラリアではより高性能なモデルが2021年に登場する可能性が浮上してきているので取り上げてみたいと思います。

新型BT-50がタイでも正式発表、発表済みの3.0Lに加えて1.9Lディーゼルエンジンを初採用。

昨年10月にオーストラリアから導入開始された新型BT-50。 (画像 タイランドマツダ) オーストラリアに続いて発売開始を予告していたタイランドマツダも正式発表しました。

タイランドマツダが新型BT-50発売を予告開始、3.0Lに加えて1.9Lディーゼルも設定で2021年初めに発売へ。

今年10月にまずはオーストラリアで発売開始された新型BT-50。 (画像 SANOOK.com) これに続く形でタイランドマツダも公式HP上で新型BT-50発売を予告開始しています。

新型BT-50のフロントバンパーに関する意匠登録が公開されました。

特許と並行してチェックしている意匠・商標登録。 (画像 オーストラリアマツダ) 今回は新型BT-50に関する意匠登録が新たに公開されているので取り上げます。

新型BT-50「シングルキャブ・フリースタイルキャブ仕様」の価格が公開されました。

オーストアリアで10月1日から発売開始された新型BT-50。 (画像 motoring.com) 最初に発売開始されたデュアルキャブに続いてシングルキャブとフリースタイルキャブ仕様の価格が公開されました。

新型BT-50ベースの7人乗りSUV”CX-70”や高性能モデルが登場すると予想している記事。

オーストラリアで10月1日から発売開始された新型BT-50。 (画像 オーストラリアマツダ) 今後のさらなる展開についてオーストラリアメディアが様々な視点から予想記事を出しています。

オーストラリアマツダが新型BT-50発売開始に合わせて純正アクセサリー一覧を公開。

10月1日発売開始に向けて新型BT-50の情報を順次公開してきたオーストラリアマツダ。 (画像 オーストラリアマツダ) 発売開始に合わせて純正オプション一覧も公開されました。

オーストラリアのマツダ販売店に新型BT-50の実車が続々と到着している模様。

オーストラリアで10月1日から発売開始とアナウンスされている新型BT-50。 (画像 オーストラリアマツダ) 現地の販売店にも続々と実車が到着しているようです。

オーストラリア向け新型BT-50の車両本体価格が発表、10月1日から発売開始。

10月からオーストラリアを皮切りに発売開始となっている新型BT-50。 (画像 オーストラリアマツダ) これまで段階的に情報が公開されてきましたが、ついに価格一覧も発表されました。

タイで製造開始された新型BT-50がオーストラリアに到着しています。

オーストラリアで来月の発売開始へ向けて段階的に情報が公開されて来た新型BT-50。 (画像 オーストラリアマツダ) 最初に量産された車両がついにオーストラリアに到着したようです。

オーストラリアマツダが新型BT-50のカタログやグレード構成を公開。

先日、純正オプションの一部が公開された新型BT-50。 (画像 オーストラリアマツダ) 続いてカタログやグレード構成も公開されました。

オーストラリアマツダが新型BT-50に用意される純正アクセサリーを一部公開。

10月からオーストラリアで販売開始される新型BT-50。 (画像 motoring) 今回、オーストラリアマツダが純正アクセサリーオプションの一部を公開しました。

マレーシアマツダCEOが今後の導入車種やノックダウン生産の計画について証言。

マレーシアマツダを運営して車の導入・販売を行っている「Bermaz Auto」 (画像 MAZDA) Bermaz AutoのCEOであるDatuk Francis Lee氏がマレーシアにおける今後のマツダ車の計画について証言されています。