つらつらとMAZDA

マツダに関する備忘録的ブログ。

商品改良

マツダブランドスペース大阪でMAZDA2の新たな特別仕様車「Sunlit Citrus」をチェックしてきました。

先日の商品改良されたタイミングで登場したMAZDA2の新たな特別仕様車「Sunlit Citrus」 いつもお世話になってるマツダブランドスペース大阪で実車展示が始まったのでチェックしてきました。

マツダブランドスペース大阪でMAZDA2の新たな特別仕様車「Sunlit Citrus」の実車が展示開始されるようです。

(画像 MAZDA) 以前からお世話になっているマツダブランドスペース大阪。 緊急事態宣言などもあってしばらく変更が無かった展示車両が更新されるようです。

MAZDA2のBlack Tone Editionは2021年6月の商品改良で装着ホイールが変わっていました。

(画像 MAZDA) SKYACTIV-G 1.5の改良や新たな特別仕様車追加が主なトピックだったMAZDA2の2021年商品改良。 前回のブログでは触れて無かった変更点を見つけたので追記も兼ねて取り上げます。

MAZDA2の2021年商品改良が正式発表、SKYACTIV-G 1.5改良に加えて新たな特別仕様車「Sunlit Citrus(サンリット シトラス)」も追加。

(画像 MAZDA) 一部の販売店で予告されていたMAZDA2の商品改良が本日マツダから正式発表されました。 出来る限り詳しくチェックしていきたいと思います。

ウクライナでMAZDA6 SKYACTIV-G 2.5ターボ搭載モデルが発売開始。

(画像 ウクライナマツダ) 北米で販売終了が発表されたことで今後の動向に注目が集まっているMAZDA6ですが、東欧・ウクライナではほぼ同時期にSKYACTIV-G 2.5ターボが新たに導入されています。

カナダマツダがCX-5とCX-9の”2021.5年モデル”の情報を公開、新世代マツダコネクトと10.25インチディスプレイを採用。

(画像 カナダマツダ) 以前から浮上していたカナダ向けのCX-5に”2021.5年モデル”が登場という噂。 その中でカナダマツダがCX-5に加えてCX-9も2021.5年モデルを発表しています。

MAZDA3とCX-30の一部商品改良(2021年春)が正式発表されたので出来る限り詳しくチェックしてみました(一部追記あり)

(画像 MAZDA) 以前から一部改良・仕様変更の噂が浮上していたMAZDA3とCX-30。 本日、マツダから一部商品改良として正式発表されたので出来る限り詳しくチェックしていきたいと思います。

英国マツダがMX-5(ロードスター)2021年モデルの限定車”Sport Venture”を発表。

(画像 MAZDA UK) 欧州でも販売が本格的に開始されたMX-5(ロードスター)2021年モデルですが、ライトウェイトスポーツの本場である英国マツダが新たな限定車を発表しました。

インドネシアマツダがCX-3 2021年モデルを発表、SKYACTIV-G 1.5搭載モデルを新設定。

(画像 インドネシアマツダ) 事前情報の通り、インドネシアマツダが3月29日にCX-3 2021年モデルを発表しました。

オーストラリアマツダが新型BT-50のフラッグシップモデル「Thunder」を発表。

(画像 motoring.au) オーストラリアマツダが新型BT-50のより高性能なグレード「Thunder」を発表しました。

欧州でMAZDA6 2021年モデルの販売が本格化、各国SKYACTIV-G搭載モデルのみに変更。

(画像 ドイツマツダ) 日本や北米で販売開始されているMAZDA6 2020年一部改良モデル(2021年モデル)ですが、欧州でも販売が本格化していきそうです。

中国向けのMAZDA6 2021年モデルが正式発表されたので独自の装備を改めてチェック。

(画像 一汽マツダ) 中国マツダ(一汽マツダ)がMAZDA6 2021年モデルを正式発表しました。 このブログを開設してから中国仕様はあまり取り上げていなかったので、2021年モデル発表に合わせて独自の装備などをチェックしてみます。

インドネシアマツダがCX-5とCX-9の2021年モデルを発表、MX-30 EVモデル導入の可能性に関する情報も。

インドネシアでCX-5とCX-9の2021年モデルが発表されました。 合わせてMX-30 EVモデル導入の可能性についても情報が出てきています。

ロシア向けのCX-5とCX-9に新たな特別仕様車「NOIR」が追加。

(画像 ロシアマツダ) 2021年モデル(2020年商品改良モデル)に合わせて黒を基調とした特別仕様車が各地で導入されていますが、ロシア向けのCX-5とCX-9にも特別仕様車「NOIR」として追加されています。

オーストラリアマツダがCX-8 2021年モデルを発表、新色「プラチナクォーツメタリック」は全グレードで選択可能。

(画像 MAZDA) 日本に続いて改良情報が出ていたオーストラリア向けのCX-8 2021年モデルが正式発表されました。

欧州でアップデート版SKYACTIV-X搭載モデルの販売が本格化、圧縮比は日本仕様と同じ「15.0」に変更。

(画像 MAZDA UK) 日本で販売開始しているアップデート版SKYACTIV-Xですが、最も需要が多い欧州でもアップデート版搭載モデルの販売が本格的に開始されそうです。

フランスマツダがMX-5 RF(ロードスターRF)の限定車「SEIZA EDITION」を正式発表。

(画像 フランスマツダ) 日本に続いて欧州でも2021年モデルが発表されているMX-5(ロードスター)ですが、フランスマツダが2021年モデル導入に合わせて新たな限定車を正式発表しました。

2020年のMAZDA3商品改良で実施されたSKYACTIV-X搭載モデル用GVC+の改良点。

(画像 NetCarShow.com) 昨年11月に正式発表されたMAZDA3の商品改良ではエンジンや安全装備が大幅にアップデートされましたが、SKYACTIV-X搭載モデルではさらにGVC+にも改良の手が入っているようです。

オランダマツダがMAZDA3 2021年モデルを発表、Mazda323(ファミリア)時代のグレード名「Sportive」が復活。

(画像 オランダマツダ) 各国で順次正式発表されているMAZDA3 2021年モデルですが、オランダ向けのMAZDA3ではMazda323(ファミリア)時代に使用されていたグレード名が復活しています。

イタリアマツダがMX-5(ロードスター)2021年モデルを発表、ボディカラーが再び7色設定に。

(画像 イタリアマツダ) 日本や北米に続いて欧州でも順次発表されているMX-5 2021年モデル(ロードスター2020年商品改良モデル)ですが、イタリアマツダも正式発表しました。

MAZDA3商品改良モデルに関して担当エンジニアがインタビューに答えている動画。

(画像 MAZDA) 昨年11月に正式発表されたMAZDA3商品改良モデルですが、SKYACTIV-Xを中心とする改良内容について担当エンジニアがインタビューに答えている動画が公開されています。 合わせて注目度の高い既存オーナー向けのアップデートに関する情報もまとめ…

MAZDA3の純正タイヤは2020年の商品改良から「SKYACTIV-X搭載車のみブリヂストン、それ以外はトーヨータイヤ」に固定される予定。

MAZDA3日本仕様に装着されてる純正タイヤに関して気になる情報が。 (画像 NetCarShow.com) これまでブリヂストンとトーヨータイヤの2種類がランダムに装着されてきましたが、昨年末の商品改良からグレード別に指定されているとの情報が出てきました。

ドイツと英国でもCX-5 2021年モデルが正式発表、SKYACTIV-D 2.2は欧州RDE2規制に合わせて改良。

日本を中心に海外でも続々と発表されているCX-5 2021年モデル。 (画像 MAZDA UK) 欧州の主要マーケットであるドイツと英国でも詳細が発表されています。

ディープクリスタルブルーに白色内装と赤いソフトトップを組み合わせたMX-5(ロードスター)の実車。

日本を中心に販売が開始され出しているロードスター2020年改良モデル(MX-5 2021年モデル) (画像 ノルウェーマツダ) 今回は日本仕様に設定が無い組み合わせのMX-5 2021年モデルの実車を取り上げます。

既存のSKYACTIV-X車向けアップデートソフトウェアが国交省の認可を取得、MRCCやCTSも同様のアップデートを検討中との情報。

昨年のMAZDA3商品改良のタイミングで公表された「既存のSKYACTIV-X搭載車オーナー向けに無償アップデートを検討中」という話題。 (画像 MAZDA) これまで国の認可待ちという状態でしたが、ついに認可を取得したという情報が出てきました。

欧州向けCX-5 2021年モデルに採用されてるパワートレインの主な改良内容。

北米や日本に続いて2021年モデル(2020年冬商品改良モデル)の情報が公開され始めている欧州向けCX-5。 (画像 MAZDA UK) 今回、パワートレインの詳しい改良内容も合わせて新たに発表された内容を取り上げます。

CX-30スペイン仕様が2021年モデルから全グレード「ECOラベル」認定に。

日本を含む各地域で発表されているCX-30 2021年モデル(商品改良モデル) (画像 スペインマツダ) 欧州では新たにスペイン仕様の情報が出てきています。

米国マツダがMX-5(ロードスター)2021年モデルの車種専用ページを更新。

一足先にMX-5(ロードスター)2021年モデルの概要を発表していた米国マツダ。 (画像 MAZDA USA) 公式HPの車種専用ページも2021年モデルに更新されています。

北欧で赤いソフトトップとホワイト内装を組み合わせたMX-5(ロードスター)の特別仕様車が発表。

日本を中心に昨年後半から順次発表されているロードスター商品改良モデル(MX-5 2021年モデル) (画像 ノルウェーマツダ) 北欧では2021年モデルからこれまでに無い組み合わせの特別仕様車が追加されています。

「CX-5 Carbon Edition」が南アフリカでも発売へ、ただし新世代マツダコネクトは未導入。

米国向けのCX-5 2021年モデルで導入された特別仕様車「Carbon Edition」 (画像 南アフリカマツダ) 同じ名称の特別仕様車が南アフリカマツダからも発表されています。